イオンスタイルumie、7月14日開店-ハーバーランドの新たな核店舗、食品売場は「関西最大級」

神戸駅前のショッピングセンター「神戸ハーバーランドumie」の新たな核店舗として総合スーパー「イオンスタイルumie」が7月14日にオープンする。
umie_kobeharborland1
神戸ハーバーランドUmie。

2013年からイオングループの運営だった

神戸ハーバーランドumieは1992年に総合スーパー「ダイエーハーバーランドシティ」、会員制ディスカウント「Kou’s」、百貨店「神戸阪急」、専門店街「モザイク」により構成された複合商業施設として開業。
ダイエーの経営悪化や阪急百貨店の撤退に伴い、2013年以降イオンモールが「Umie」として施設の一体的な管理運営を行っている。
ハーバーランドの詳しい歴史については前記事を参照

約9,000㎡で”充実の食”

イオンスタイルumieは2016年7月に撤退したイズミヤ跡(売場面積10,097㎡)に出店。その殆どが食品売場となる。
店舗面積は約9,300㎡で、「AEON umie Dining~楽しく、便利な「食」スタイル」を」をコンセプトとして、ハーバーランドの客層を意識した生活提案型の売場づくりを目指す。
新鮮素材からデリカまで揃う「マルシェダイニングゾーン」(地階)では、惣菜部門に新鮮な魚を使用した海鮮丼や天ぷらなどを提供する「シーフードデリ」、神戸牛コロッケなど肉を使用した惣菜を提供する「ミートデリ」を導入する。
また、魅せるライブ感を提案する「ライブキッチンゾーン」(地階)には、旧マイカル系のベーカリー「カンテボーレ」、イオン直営初の厚切りステーキ専門店「ガブリングステーキ」、生パスタの店「ペルグラーノ」、近畿エリア初のチョップドサラダ専門店「サラダビッツ」を導入、約300席のイートインでランチからディナーまで幅広い需要に対応。イオンリカーにはバーコーナー「ウミバル」も設置される。
イオンスタイルカフェ・スイーツゾーン」(1階)には、自然派志向のチーズケーキ・パフェ専門店「美人百菓 by patisserie natura」(神戸)、えきそばで知られるまねき食品のバームクーヘン専門店「Hi! me Cafe」(姫路)、ミニカップケーキ専門店「JiJi cupcakes KOBE」(神戸元町)、「アンドリューのエッグタルト」(大阪道頓堀)など関西発・神戸発の人気スイーツ店が多数出店。兵庫の地酒、神戸ワインなどの地元名産品を取扱う「こだわり食材・ギフト・リカーゾーン」(1階)と合わせて、地元の食をアピールする。

食品関連以外としては、1階にはイオンの美容コーナー「グラムビュティーク」が設置されるほか、パレモが運営する雑貨店「イルーシー300(illusie300)」、ワッツが運営する雑貨店「Buona vita(ブォーナ・ビィータ)」、花店「ルボゼフルール」なども出店する。
なお、イオンの直営売場は食品・生活雑貨、化粧品・美容関連などのみで、衣料品売場は設置されない。
これには、至近距離にある「イオンモール神戸南」(中央市場駅前)との競合を避ける狙いもあると思われる。

テナントを強化、シンボル「DinDon」の再稼働も

神戸ハーバーランドUmieでは今回のイオンスタイル開店に合わせて「無印良品」「Francfranc」の導入や「GLOBAL WORK」の移転増床などテナントの強化、地下1階入口の統合、連絡通路新設による回遊性向上など施設面の強化を目指すべくリニューアルをおこなっている。
また、ハーバーランド開業以来のシンボルとしてUmie館内に設置されていたボールマシン「DinDon」も改修が終わり、再稼働が行われた。
P1100737-
リニューアル前のDinDon。

外部リンク:神戸ハーバーランドUmie
外部リンク:イオンスタイルumie
外部リンク:~この夏、神戸ハーバーランドumie(ウミエ) ノースモールが新しくなります~ウミエに食品スーパー『イオンスタイルumie』がオープン 7月14日(金)10:00リニューアルオープン
関連記事:三宮OPA2、2月24日開業-ダイエー神戸三宮店に、現「OPA」は数年以内に閉店へ
関連記事:ダイエーグルメシティ住吉店、1月31日閉店-50年の歴史に幕、震災の面影のこす店舗
関連記事:イオンスタイルumie、2017年夏開店-ハーバーランドのイズミヤ跡に

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加