イオン甲子園店、食品売場のみ当面営業継続へ-その他は5月31日閉店

2017年5月末での閉店が報じられていた「イオン甲子園店」(旧ダイエー甲子園店)が、地下2階食品売場のみ6月以降も当面営業を続ける方針であることがわかった。

イオン甲子園店。

甲子園球場最寄りの大型スーパー

イオン甲子園店は1993年6月にダイエー系百貨店「プランタン甲子園」として開業。その後、ダイエー、イオンに転換した。建物は地下2階、地上6階建てで(売場は地下2階〜地上3階)、売場面積は29,000㎡。
プロ野球・阪神タイガースの本拠地「阪神甲子園球場」の最寄り店舗ということもあり、試合開催日には多くの観戦客で地下の食品売場が混雑することで知られていた。
しかし、近隣大型店との競争激化や、試合開催日以外での集客不足、施設の信託受益権を取得している三菱地所との賃料交渉の難航などが原因で、2017年5月末での閉店が報じられていた。
詳しくはこちら:イオン甲子園店、2017年5月閉店-旧プランタン百貨店・ダイエー甲子園店、競合増加で経営不振に

地下2階食品売場のみ営業継続-プロ野球開催に対応か

地元紙・神戸新聞の報道によると、地下1階〜地上3階の売場は5月31日で営業終了する一方で、地下2階の食品売場、地上4階〜屋上までの駐車場は6月以降も通常営業を続けるという。
具体的な営業期間などについては、都商研記者の取材に対し「正式発表をお待ちいただきたい」としたものの、今後は、甲子園球場でプロ野球が開催される期間や、次テナントの出店が決まるまでの間は食品売場の営業を延長する可能性が高いとみられる。

現在、館内では「在庫一掃セール」が実施される。

外部リンク:イオン甲子園店
関連記事:イオン甲子園店、2017年5月閉店-旧プランタン百貨店・ダイエー甲子園店、競合増加で経営不振に
関連記事:ダイエー、3月30日までに110店舗の「イオン化」完了-9県のみで展開するローカルスーパーに
関連記事:三菱地所、ホークスタウン跡に「MARK IS」出店へ-ZEPP福岡も復活

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加