西友高田馬場店、2021年11月30日閉店-西友現存最古の店舗、59年の歴史に幕

東京都新宿区のJR山手線・西武新宿線・東京メトロ東西線高田馬場駅近くにある総合スーパー「西友高田馬場店」が2021年11月30日午後6時をもって閉店する。西友高田馬場店。

現在の西友の基礎となった店舗-再出店など未定

西友高田馬場店は高田馬場駅から西に200mほど離れた早稲田通り(都道25号線)沿いにある「UR都市機構戸塚三丁目市街地住宅(公団住宅)」の1・2階に入居。店舗面積は1,157㎡。1階では食料品、2階では衣料品・住居用品を扱っている。高田馬場店のフロアガイド。

西友高田馬場店は1962年9月1日に「西武ストアー高田馬場店」として開店。同店は西武ストアーでは初めてアメリカ式のチェックアウトを置いた店で、のちのセルフサービス式スーパーマーケット「西友ストアー」(1963年4月発足、現在の西友)につながる、いわば「創業の店」だった。
しかし開店から59年が経過し、建物が老朽化。西友広報部によると閉店理由を「建物オーナーとの契約期間が満了」したためで、建物の建て替え後再出店するかどうかについては「お話できることはございません」(西友広報部)としており、再出店については未定となっている。店内に掲示されている閉店のお知らせ。

なお、高田馬場店の閉店後、開店時からの建物が現存している最古の西友の店舗は上石神井店(東京都練馬区)となる。

関連記事:小田急百貨店新宿本店本館、2022年9月末閉店-新宿駅西口再開発で「48階建て超高層ビル」に
関連記事:イケア新宿、2021年5月1日開店-「フォーエバー21」跡、IKEAに
関連記事:メトロ食堂街、2020年9月30日閉館-新宿駅西口再開発を前に
関連記事:ヤマダ電機LABI新宿東口館、2020年10月4日閉店-ヤマダ旗艦店、店舗統廃合で

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【HAPPY!オータム2020キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加