イオンフードスタイル西神中央店、2020年9月1日開店-プレンティのダイエー、そごう・パントリー閉店にあわせ“高級化”

兵庫県神戸市西区の神戸市営地下鉄西神中央駅に直結するショッピングセンター「プレンティ西神中央」に、ダイエーの総合スーパー「イオンフードスタイル西神中央店」が2020年9月1日に開店する。
プレンティ西神中央。

西神中央を代表する複合商業施設「プレンティ」

プレンティ西神中央は1989年11月に開業。神戸市が出資する第3セクター「OMこうべ(旧・神戸ニュータウン開発センター)」が管理・運営する。
2020年8月現在は、ダイエーの総合スーパー「ダイエー西神中央店」を核に、ダイエーの完全子会社となった食品スーパー「KOHYO西神中央店」やドラッグストア「アルカドラッグ」、レディスファッション「GreenParks fuuwa」「M2 by sensounico」、紳士服店「SUIT SELECT」、カジュアルファッション「Right-on」、靴量販店「ABC-MART」、インテリア雑貨「MAMAIKUKO」、「喜久屋書店」といった専門店が出店する。

プレンティのダイエー、イオンフードスタイルに

ダイエー西神中央店の営業フロアは1~3階、売場面積は約7,821㎡(2,366坪)。
開店当初は、西神中央駅前唯一の大型総合スーパーとして、直営の食品・衣料・雑貨売場を中心に、ダイエーグループの「ダイエーオリンピックスポーツクラブ(DOSC)」や映画館「西神オレンジシネマ」(2スクリーン)が営業していた。
2006年には映画館を廃止し家電量販店「マツヤデンキ」を導入する大規模リニューアルを実施、2020年8月30日午後6時にはイオンフードスタイルへの業態転換に伴い直営売場を閉店したため、一部専門店のみで営業をおこなっていた。
「ダイエー西神中央は変わります!」

ダイエー初となるベーカリーカフェ新業態を導入

イオンフードスタイル西神中央店では、ダイエー初となるベーカリーカフェ新業態「ちょいゴチCAFE」(イートイン52席+専用席58席)を導入する。
イオンフードスタイル西神中央店。

ダイエーは従来、ワインバル・肉バル店として「ちょいゴチ」ブランドを展開してきたが、新店舗では「「気軽に」「低価格で」「ゆったりと」くつろげるベーカリーカフェ」として、同社オリジナル生食パン「白金(プラチナ)」で作ったサンドイッチやパスタを始めとする食事メニュー、本場イタリアのマシンでエスプレッソ抽出したキリマンジャロ豆ブレンドのホットコーヒー(100円)やデザートドリンクを展開。午後5時からはアルコール類(神戸ワイン・六甲ビールなど)も提供する。
また、ベーカリーコーナーでは惣菜パン・菓子パン・食パン・フランスパンなど約50品目を品揃えする。

ちょいゴチCAFE・D’s ベーカリー。

高級・低価格商品ともに拡充、客層拡大めざす

食品売場のうち、精肉部門ではダイエーのオリジナル国産黒毛和牛ブランド「さつま姫牛」を中心に焼肉用売場を約1.7倍に拡大。惣菜部門では売場を1.5倍に拡大し、価格破壊を掲げた298円丼を取扱う。また、オーガニック野菜や神戸ワイン(約19品目)、欧州産を中心としたナチュラルチーズ(約50品目)など高級食材を拡充する。そのほか、ダイエー時代と同様に直営での化粧品・衣料品の取扱いを継続する。
西神中央駅周辺では、2020年8月31日の百貨店「そごう西神店」閉店に伴い、そごう1階・食品館エブリデイ内の高級食品スーパー「パントリーそごう西神店」が撤退することから、従来型店舗と比べ消費者嗜好の多様化に対応した「イオンフードスタイル」への転換により、顧客層の拡大を図る狙いがあるとみられる。

イオンフードスタイル西神中央店

住所:兵庫県神戸市西区糀台5-3-4
営業時間(1階):午前8時~午後10時
営業時間(2階):午前9時~午後9時
営業時間(3階):午前10時~午後9時

関連記事:東急ハンズ三宮店、2020年12月閉店-神戸・生田神社前のハンズ、32年の歴史に幕
関連記事:とらのあな三宮店・とらのあな静岡店、2020年6月30日閉店-両地域から完全撤退
関連記事:神戸阪急・高槻阪急、2019年10月5日開店-そごう神戸店・西武高槻店は9月30日閉店
関連記事:三宮ビブレ、2019年8月23日から全館「オーパ」に-地階のオーパ、ビブレを飲み込む

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【夏クルー!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加