ドン・キホーテ柳ケ瀬店、2020年10月25日閉店-旧・岐阜メルサ、「ぎふ葵劇場」は12月閉館

岐阜県岐阜市の柳ケ瀬商店街近く・徹明町にあるディスカウントストア「ドン・キホーテ柳ケ瀬店」が、2020年10月25日に閉店する。

ドン・キホーテ柳ケ瀬店・名鉄第一徹明町ビル。

かつてファッションビル「岐阜メルサ」だったドンキ

ドンキが入居する「名鉄第一徹明町ビル」は1990年11月に名鉄グループのファッションビル「岐阜メルサ」を核店舗として開業。本館(ファッション館)の店舗面積は8,254㎡であったが、岐阜市中心部で大型店の撤退が相次いだことにより経営不振になったとみられ、2009年9月に閉店した。なお、別館であったグルメ館はその後に雑居ビルとなった。

岐阜市・柳ケ瀬。

ドンキは2011年4月に旧岐阜メルサファッション館の1~5階に出店。そのうちドンキ3階以下は直営床、4・5階はテナントゾーンとして百円ショップ「ダイソー」、衣料品スーパー「オンセンド」、フィットネス「カーブス」が出店する。また、8階には大衆演劇場「ぎふ葵劇場」がある。

エントランス。

ドンキはユニーを傘下に収めて以降、岐阜県内で多くのピアゴ・アピタをドンキに転換させており、2020年3月3日にはそのなかでも大型となる「MEGAドン・キホーテUNY岐阜店」が開業したばかりだった。
岐阜市中心部の賃貸物件であるドンキ柳ケ瀬店は店舗面積が狭い割に家賃も高かったと思われ、閉店に至ったと考えられる。

「ぎふ葵劇場」は12月に閉館

都商研の取材によると大衆演劇場「ぎふ葵劇場」は12月で閉館する。そのほか物販テナント側については当面営業を継続する可能性もあるが、8月5日時点では閉店日などについて未定の店舗もあるという。

関連記事:MEGAドン・キホーテUNY岐阜店、2020年3月3日開店-アルド・ロッシ設計のアピタ岐阜店跡に
関連記事:イオンタウン各務原鵜沼、2019年11月22日開業-鵜沼宿駅前に
関連記事:MEGAドン・キホーテUNY美濃加茂店、2019年10月29日開店-アピタ旗艦店級の大型店、ドンキに転換
関連記事:ドン・キホーテUNY可児店、2019年2月21日開店-ピアゴ跡に「ユニードンキ初」生鮮なし
関連記事:岐阜センサの解体、2016年12月にはじまる-柳ケ瀬商店街「グランドタマコシ」創業の地

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【夏クルー!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加