松屋東京丸ノ内店、2020年8月30日閉店-JR東京駅のミニデパート

東京都千代田区のJR東京駅丸の内駅舎南ドーム・東京ステーションホテル1階にある小型百貨店「松屋 東京丸ノ内」が2020年8月30日に閉店する。

松屋 東京丸ノ内。

丸ノ内駅舎南側の小さな松屋、8年で閉店

松屋 東京丸ノ内は2012年10月に東京駅丸の内駅舎のリニューアルに合わせて開業。
こだわりのTOKYO GIFTなど、東京と銀座のエッセンスを集めてご紹介するコンセプトショップ」として、近隣の勤務者や旅行客をターゲットに婦人雑貨・紳士雑貨、そして土産品(銘菓)などを取り扱っていた。店内では「松屋 東京丸ノ内限定・東京ステーションホテル瓦煎餅」など、東京駅・東京ステーションホテル限定商品の販売もおこなっている。

限定土産も販売していた(瓦煎餅、公式サイトより)。

閉店は諸般の事情だとしているが、新型コロナウイルスの感染拡大により松屋本店が長期間営業できなかったほか、東京駅を訪れる観光客が減っていることなどがおもな理由であると思われる。

関連記事:JR飯田橋駅、2020年7月12日移設リニューアル-「エキュートエディション飯田橋」は8月25日開業
関連記事:日比谷グルメゾン、2020年7月9日開業-有楽町~新橋駅間、JR東海・JR東日本共同開発の高架下飲食街に
関連記事:シークベース アキオカ マニュファクチュア、2019年12月12日第1期開業-秋葉原・御徒町駅間の高架下に
関連記事:東宝ツインタワービル、2019年12月閉館-日比谷のランドマーク、建て替えへ

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【夏クルー!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加