DON DON DONKI パールシティ店、2020年7月7日開店-香港島内にドンキ初出店、銅羅湾そごう近くのHMV跡に

香港島湾仔区銅鑼湾百徳新街の港鉄MTR港島線銅鑼湾駅近く、新世界発展グループの商業施設「名珠城(Pearl City/パールシティ)」に、パン・パシフィック・インターナショナルHD(PPIH)の「DON DON DONKI パールシティ店」が2020年7月7日午前10時(現地時間)に開店する。
(24小時營業的驚安之殿堂「DonDonDonki/唐吉訶德」名珠城店、2020年7月7日開幕。香港島内首次出店。)

DON DON DONKI PearlCity.

香港銅鑼湾を代表する高層ビル「パールシティ」

珠城大廈(Pearl City Mansion/パールシティマンション)は、1971年に香港最高層(当時)の複合商業施設として、牛奶國際(Dairy Farm International/デイリーファームインターナショナル)の牛乳工場跡地に開業。
低層商業棟の建物は地上6階建で、フロアは香港大手不動産グループによる「翡翠明珠広場(JP Plaza/ジェイド&パールプラザ)」や「名珠城(Pearl City/パールシティ)」といったショッピングセンターにより構成される。
各商業施設には、牛奶國際グループの大手食品スーパー「恵康(Wellcome」や新世界発展グループの大型宝飾品専門店「周大福ジュエリー」、天馬娯楽グループの映画館・シネマコンプレックス「Cinema City JP」といったテナントが入居するなど、開業から50年近く経過した現在も銅鑼湾を代表する大型施設として親しまれている。

香港島内初のドンキ、均一価格売場や贈答品売場を展開

DON DON DONKI パールシティ店は、名珠城の1~4階部分に出店するもので、売場面積は2,571㎡。PPIHグループのパン・パシフィック・リテールマネジメント(香港)が運営を行う。同社香港店舗としては2019年12月に開店した「OPモール本店」に次ぎ3店舗目、香港島内への出店は初となる。
ドンキが出店するフロアには、2015年11月に英国発祥の大型音楽ソフト専門店「HMV 銅鑼湾旗艦店」が出店していたが、2018年12月18日に香港法人が経営破綻したため無期限休業、28日に英国法人が経営破綻したこともあり、営業再開することなく1年半以上空きフロアとなっていた。
DON DON DONKIパールシティ店は、日本ブランドの商品を中心に取扱う「ジャパンブランド・スペシャリティストア」として、生鮮食品(青果・鮮魚・精肉・惣菜)に加え、化粧品や生活雑貨、日用消耗品などの品揃えを強化。
スキンケア用品や菓子類を中心とした価格均一コーナー(5ドル・10ドル)や日本産フルーツの詰め合わせや花畑牧場の豚丼など、DON DON DONKIならではのアイテムを集めたギフトコーナーを設ける。

DON DON DONKI パールシティ店

住所:香港 香港島湾仔区銅鑼湾百徳新街24-36 名珠城 1~4階
営業時間:24時間営業

関連記事:ユニー元朗ショッピングセンター、2020年6月20日開業-ユニー、約10年ぶり「新規出店」
関連記事:DON DON DONKI OPモール本店、2019年12月12日-ドンキ香港旗艦店、荃湾西駅直結の「海之戀」に
関連記事:DON DON DONKI ミラプレイス2店、2019年7月12日開店-ドンキ、香港初はアダストリア旗艦店跡
関連記事:香港そごう、九龍に新店計画-投資額は最大1300億円

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【夏クルー!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加