イオン伏見店、2020年冬閉店-旧・サティ、建替え再出店の方針示すも縮小か

京都府京都市伏見区の伏見大手筋商店街横にある総合スーパー「イオン伏見店」が、建物の老朽化により2020年冬に閉店する。
イオンリテールは、現店舗を建替えて再出店する方針を示している。

イオン伏見店。

旧ニチイ・サティから42年の歴史に幕

イオン伏見店はニチイ伏見店として1978年11月開店。2020年現在の売場は1階から4階で、店舗面積は8,656㎡。建物はイオングループが所有する。
ニチイ伏見店から伏見サティに業態転換したのち、運営者のマイカルの経営破綻・2011年のイオンリテールとの合併によってイオン伏見店となった。

テナント・フロア案内。

2020年現在、イオンの調剤薬局、関西の大手喫茶店「ホリーズカフェ」、100円ショップ「キャンドゥ」など10店舗ほどのテナントが出店している。

建替え・再出店めざすも縮小か

閉店は建物の老朽化によるもの。近隣では、2019年に「プラザ大手筋」(旧西友)が同じく老朽化のために閉店したばかりであった。
イオンは跡地に新店舗を建設する方針を示しており、地元紙・京都新聞の報道によると近隣に仮店舗も設けるとしている。
一方で、現在のイオン伏見店は敷地面積の都合などから直営の駐車場が設置されていない(契約駐車場は2000円以上購入で1時間無料)。
新店舗には駐車場が併設されると思われ、現店舗よりも売場面積が大きく縮小されることはほぼ確実であろう。

関連記事:イトーヨーカドー六地蔵店、2017年2月19日閉店
関連記事:イズミヤ伏見店、2017年10月8日閉店-築47年・老朽化で、2018年冬の建替え目指す
関連記事:プラザ大手筋、2019年8月7日閉店-業務スーパーは7月28日に閉店、コマストアー・西友時代から50年の歴史に幕

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【夏クルー!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加