ララオカヤ、2021年度を目処に閉館-岡谷駅前のイトーヨーカドー跡、解体へ

長野県岡谷市のJR岡谷駅前にある複合施設「ララオカヤ」が、2021年度を目処に閉館する。

ララオカヤ。

大型テナントが相次ぎ撤退していた「ララオカヤ」

ララオカヤは岡谷駅前第一種市街地再開発事業の一環として1984年3月に開業。延床面積は約17,248㎡。
開業当初は松本電鉄(現・アルピコ交通)傘下の諏訪バスと地元地権者が所有する複合商業施設として、大手総合スーパー「イトーヨーカドー岡谷店」と地場食品スーパー「松電ストア岡谷駅前店」(現・デリシア)を核に運営が行われていた。
しかし、岡谷市の商業求心力低下に伴い施設の核となる「イトーヨーカドー岡谷店」(2~3階)が2001年7月に、松電ストアから店名を変更した「アップルランド岡谷駅前店」(1階)が2002年6月に相次ぎ撤退したことから、1階に商業テナントを集約。
その後は、一部物販店舗と金融機関、バスセンター、岡谷市役所岡谷駅前出張所(2002年4月開設)が営業するのみとなっていた。

岡谷市取得後は公共施設主体の施設に転換していた

岡谷市中心部ではララオカヤの核テナント撤退と同時期に「おかや東急百貨店」(1997年9月開業)が売上目標の未達などにより2002年4月をもって閉店。地域商業への影響を危惧した岡谷市が2002年3月に百貨店建物を取得していた。
おかや東急跡は地場百貨店「カネジョウ」(日本百貨店協会非加盟)を核とする新たな商業施設「イルフプラザ」として2002年6月に先行開業、2003年3月に全面開業するなど早期再生が図られれたこともあり、ララオカヤの土地・建物の大部分を所有する諏訪バスは、岡谷市に対して自社所有床の取得を要請していた。

イルフプラザ。

それを受け岡谷市はララオカヤの諏訪バス所有床を2004年から2007年にかけて段階的に取得、1階の一部と2階の大部分をイベント会場「イベント広場」に転用し、3階に「信州大学大学院諏訪圏サテライトキャンパス」を誘致するなど公共施設主体の施設として刷新した。
岡谷市によるララオカヤの取得後は、市主導により隣接する産業振興拠点施設「テクノプラザおかや」と連携したイベントや観光物産関連イベントが行われていたほか、2009年からは人気同人作品「東方Project」に登場する神社のモデルとされる「洩矢神社」など複数の「聖地」が岡谷市内に存在することから、複数の運営主体により同人誌即売会が定期的に開催されるなど地域の文化・産業拠点としての役割を担っていた。

岡谷市が全床を取得、解体へ

岡谷市はララオカヤの大部分の床を所有しており、2021年中に全床を取得、その後は解体する方針を固めている。しかし、2020年時点で跡地の活用方法については決まっていない。
なお、地権者との交渉次第では2021年度以降も運営継続が行われる可能性もある。

関連記事:アーク諏訪、2019年2月21日開業-丸光・スワプラザ跡地に
関連記事:イオン諏訪ステーションパーク店、2018年9月8日開店-イオン諏訪店の”代替店舗”、バロー跡に
関連記事:イオン諏訪店、2018年8月20日閉店-40年の歴史に幕、跡地へ再出店を検討
関連記事:アルピコプラザ、2018年2月15日開業-旧・アリオ松本、松電バスターミナルビルに

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【HAPPY!オータム2020キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加