ヤフオクドーム、ペイペイドームに2020年改称へ-福岡ドームの愛称

ソフトバンクは、福岡ソフトバンクホークスの本拠地である「福岡ドーム」(福岡市中央区地行浜)の愛称「ヤフオクドーム」を、2020年から「ペイペイドーム」(PayPayドーム)に改称する。

福岡ドーム、「ペイペイドーム」に

ヤフオクドームは1993年3月に福岡ドームとして開業。当初はダイエーが所有していた。
2003年にダイエーの経営不振から投資ファンドに売却。2005年には「福岡 Yahoo! JAPANドーム」(通称「ヤフードーム」)の愛称に、2013年には「福岡 ヤフオク!ドーム」(通称「ヤフオクドーム」)の愛称になった。

福岡ドーム。


電子決済サービス「ペイペイ」はソフトバンクグループが50パーセント、ヤフーが25パーセント、ソフトバンクが25パーセントを出資しており、キャッシュバックサービスなどにより利用者の獲得をはかっている。
ソフトバンクグループではドームに直結させるかたちで、2020年春の全面開業を目指して「HKT48劇場」や王貞治氏の記念館などが入居するエンターテイメントビルの建設も進めている。

関連記事:HKT48劇場、ヤフオクドーム前に2020年「復活」-ソフトバンクが建設する新ビルに
関連記事:マークイズ福岡ももち、2018年11月21日開業-旧・ホークスタウン跡地
関連記事:【優勝セール情報】福岡ソフトバンクホークス、3年連続の日本シリーズ優勝で記念セール【2019年】

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加