プラリバ、2019年7月26日再開業-西新エルモール岩田屋跡、減築で再開

福岡県福岡市早良区の西新駅前にある東京建物の商業施設「PRALIVA」(プラリバ)が2019年7月26日に営業を再開する。

プラリバ。

旧・西新エルモール岩田屋だった

プラリバの前身となる「西新エルモール」は1981年6月に地場百貨店「西新岩田屋」を核とした商業施設として開業。建物は地上8階地下2階建で、売場面積は20,208m、延床面積は約29,348㎡。1983年の地下鉄空港線の延伸開業に伴い西新駅とも直結されたが、このとき西新駅には新たなエレベーターが設置されず、当ビルと共用となった。
地下鉄の開通により10分圏内となった「岩田屋天神本店」(当時は地下鉄天神駅直結)との差別化の一環として、1990年代には岩田屋傘下だった食品スーパー「サニー」や、当時提携関係にあった西武セゾングループの「無印良品」「リブロ」を相次ぎ導入するなど、カジュアル志向の地域密着型百貨店として刷新したが、岩田屋の経営悪化に伴い2003年2月をもって閉店、東京建物の特別目的会社(SPC)に土地・建物を一括売却した。

西新エルモールプラリバ。

その後、東京建物グループにより「西新エルモールプラリバ」として2003年4月に再開業、西新岩田屋時代の専門店を引継ぎ営業したが、東京建物主導の再開発事業「西新リボーンプロジェクト」施行に伴い、2015年7月31日をもって閉店していた。

「減築」でリニューアルへ

西新リボーンプロジェクトでは、旧・西新エルモールプラリバの高層階を減築し、一部躯体を再利用しつつ、新たに高層分譲マンション「Brillia Tower西新」(ブリリアタワー西新、地上40階地下2階建、高さ約137m)を増築する手法を採用。2019年7月に商業施設棟が先行開業、2021年春に新施設全館(敷地面積約4,200㎡、延床面積約51,000㎡)が全面開業する計画となっている。
左後方がブリリアタワー西新。

なお、当初プラリバは2018年中に営業再開する見込みであったものの、先述の通り「地下鉄用エレベーターが館内にある」構造であったため、工事が遅れたという経緯がある。

プラリバ・地下鉄入口。


フードウェイなど36店出店-無印良品は再出店

西新リボーンプロジェクト商業施設棟「プラリバ」の建物は地上4階地下2階建。

地下鉄入口とテナント看板。

2019年7月の先行開業時には、食品スーパー「フードウェイ」を核に、グロサリー専門店「カルディコーヒーファーム」、JR九州グループのドラッグストア「ドラッグイレブン」、西鉄インキューブの雑貨新業態「プラットインキューブ」、京都の老舗ベーカリー「グランディール」、福岡市で人気を集めるカフェ「ハニー珈琲」、子供英語フィットネス「MY GYM」、「くまざわ書店」、再出店となる「無印良品」など36店舗が出店する。2021年春の全館開業時には、屋上テラスやイベントスペースの開設、カフェの出店を予定している。
PLAT INCUBE.


くまざわ書店福岡西新店。

西新駅周辺では2015年7月のプラリバ閉店以降、「イオン西新店」(旧トポス・ダイエー)も2016年5月に閉店しており、買物する場所が少なくなっていた。プラリバの復活は西新商店街やその近郊住民にとって待望の出来事となる。
なお、イオン西新店跡にはイオン九州が再出店を検討するとしていたものの、西鉄グループが高齢者住宅「(仮称)サンカルナ西新」を建設する方針だという。

PRALIVA(プラリバ)

住所:福岡県福岡市早良区西新4丁目1-1
営業時間:10時~20時
営業時間:7時~24時(フードウェイ)
営業時間:8時~23時(ドラッグイレブン)

関連記事:MEGAドン・キホーテ福岡福重店、2019年6月27日開店-九州最大級のドンキ、「長崎屋」九州再進出
関連記事:天神コア、2020年3月31日閉館-西鉄「天神一高い」複合ビル建設へ
関連記事:ニコキッチン六本松店、2019年5月24日開店-イオン九州の新業態小型店
関連記事:天神ショッパーズ福岡、2019年4月25日開業-旧ダイエー、複合商業施設に
関連記事:福岡ビル、2019年3月末閉館-TSUTAYAはショッパーズに、西鉄本社は博多に移転
関連記事:マークイズ福岡ももち、2018年11月21日開業-旧・ホークスタウン跡地

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加