三省堂書店名古屋高島屋店、2019年5月31日閉店-高島屋ゲートタワーの名古屋本店に統合

愛知県名古屋市中村区のJR名古屋高島屋11階に出店する「三省堂書店名古屋高島屋店」が、2019年5月31日をもって閉店する。

三省堂書店が出店するJRセントラルタワーズとJRゲートタワー。

三省堂書店の名駅2店舗体制、復活から僅か2年で終了

三省堂書店名古屋高島屋店は2000年3月、JR名古屋駅ビル「JRセントラルタワーズ」の核となる百貨店「JR名古屋高島屋」の開業に合わせて開店。
開店当初は約30万冊の品揃えを展開する大型書店であったが、隣接する「JR名古屋ゲートタワー」(JR名古屋高島屋ゲートタワーモール)に同社の新たな旗艦店「三省堂書店名古屋本店」(約3,306㎡)が2017年4月開店したことに伴い、売場を1/3ほどの規模に縮小していた。

三省堂書店名古屋本店。


同社は名古屋ゲートタワーの前身となる「名古屋ターミナルビル」にも、1974年から2010年9月まで大型書店「三省堂書店名古屋テルミナ店」を出店していたこともあり、新店舗の開店後も2店舗体制を維持する計画であったが、新店舗への統合を理由に閉店するに至ったという。

関連記事:名古屋テレビ塔、2019年1月7日から長期休業-2020年夏の営業再開めざす
関連記事:JR名古屋駅前のオブジェ「飛翔」、撤去へ-名駅の”ツノ”、駅前整備で
関連記事:ららぽーと名古屋みなとアクルス、9月28日開業-東邦ガス複合再開発地区の中核施設
関連記事:丸栄、6月30日閉店-サカエの顔、403年の歴史に幕
関連記事:天ぷらスガキヤ万松寺通り店、6月21日開店-スガキヤ「天ぷら専門」の新業態
関連記事:マックスバリュ東海、マックスバリュ中部と2019年9月に合併-旧「ヤオハン」が存続会社に
関連記事:サカエチカのクリスタルオブジェ「光彩」撤去-地下街リニューアルで

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加