JR名古屋駅前のオブジェ「飛翔」、撤去へ-名駅の”ツノ”、駅前整備で

愛知県名古屋市のJR名古屋駅前にあるシンボルオブジェ「飛翔」が駅前整備のために近く撤去される。

名古屋駅前に設置されている「飛翔」。

名駅前のとんがったグルグル、約30年で撤去へ

「飛翔」は1989年に名古屋駅前のロータリーに設置されたもの。
夜間はライトアップされ、名古屋駅前のシンボルとして30年に亘って親しまれてきた。
高さは約23メートルで、ステンレス製だという。

大名古屋ビルヂングと「飛翔」。

駅前整備のために撤去へ-移設先など未定

名古屋市によると、モニュメントの撤去は2027年の開業を目指して工事が進められているリニア中央新幹線の工事などに伴う名古屋駅前の再整備のため。
移設先などについては現時点では発表されていない。

関連記事:ららぽーと名古屋みなとアクルス、9月28日開業-東邦ガス複合再開発地区の中核施設
関連記事:丸栄、6月30日閉店-サカエの顔、403年の歴史に幕
関連記事:天ぷらスガキヤ万松寺通り店、6月21日開店-スガキヤ「天ぷら専門」の新業態
関連記事:マックスバリュ東海、マックスバリュ中部と2019年9月に合併-旧「ヤオハン」が存続会社に
関連記事:サカエチカのクリスタルオブジェ「光彩」撤去-地下街リニューアルで

ヘテムル

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【平成ラストWinterキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加