ラ・ムー松山西店、2019年8月開店-旧ピコア21三津(ダイエーコーノ)跡地に

愛媛県松山市三津のショッピングセンター「ピコア21三津」の跡地に、大型食品スーパー「ラ・ムー松山西店」を核とした新たな商業施設が2019年8月上旬ごろ開店する。

ピコア21最後の店舗、建替えで閉店していた

「ピコア21三津」は、地元木材製造販売業「河野興産」グループが、ダイエーFC店舗として運営する総合スーパー「ダイエーコーノ三津店」(1号店)として1976年3月に開店。1996年にショッピングセンター「ピコア21三津」として大規模増床を行い、松山市西部最大の大型商業施設としてリニューアルしていた。建物は地上2階建、売場面積は6,090㎡。

ピコア21三津。


核テナントの「コーノ」は、2000年の河野興産の民事再生法適用、2005年のダイエーFC脱退後も営業を継続していたが、2007年7月18日をもって小売業から撤退。翌日7月19日より、大黒天物産に運営を譲渡し「ラ・ムー」に業態転換し、大屋グループの「ドラッグストアmac」、100円ショップ「ダイソー」、旧ダイエー系の婦人服店「ロベリア」、イオン系のゲームセンター「モーリーファンタジー」(旧・らんらんらんど)、「マクドナルド」などが営業、河野興産の事務所、社宅なども併設されていた。
しかし、老朽化などもあり2019年1月に閉店していた。
ピコア21三津の閉店をもって、松山市内に複数施設存在した「ピコア21」は全施設が消滅することとなった。

跡地は大黒天物産による新商業施設、ラ・ムーも再出店

「ピコア21三津」跡地に出店するのは「(仮称)松山西複合商業施設」。
建物を建設するのはピコア21三津の末期に核店舗となった「ラ・ムー」を運営する大黒天物産で「ラ・ムー松山西店(仮称)」として再出店する。
売場面積は3,728㎡と現状より縮小される見込み。テナントについては明らかにされていないが、直営のたこ焼き店「パクパク」やベーカリーなどが出店するとみられる。

関連記事:フジ、イオンと資本業務提携-フジはマックスバリュ西日本株を取得、更なる「関係の深化」検討
関連記事:サニーTSUBAKI、2018年6月27日に本店以外営業できず-商品券販売直後で市民殺到

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加