イトーヨーカドー釧路店、2019年1月20日閉店

北海道釧路市の総合スーパー「イトーヨーカドー釧路店」が2019年1月20日に閉店する。

イトーヨーカドー釧路店。

日本最東端のヨーカドー、38年の歴史に幕

イトーヨーカドー釧路店は1981年7月に開店。
売場は地上3階・地下1階で、売場面積は9,664㎡。建物はサトービルが所有する。

テナントとしてはダイソー、六花亭、釧路市の子育て支援施設などが出店する。かつてはファミールも出店していた。

イトーヨーカドー釧路店・エントランス。

イトーヨーカドー釧路店はイトーヨーカドー全店舗のなかで最も東に位置する店舗であった。
閉店セールは12月7日から開催される。店舗跡地の活用方法などについては12月時点では発表されていない。
同店の閉店により、道内のイトーヨーカドーは札幌都市圏を除くと旭川、北見、帯広、函館に各1店舗のみとなるが、いずれも分散しているうえに、一度移転した帯広店を除く3店は築30年以上が経過しているため今後の動向が注目される。
(撮影:@west221223225さん

関連記事:アベニュークシロ、2016年8月末閉館-旧長崎屋釧路店
関連記事:さっぽろ創世スクエア、2018年10月竣工-北海道テレビが入居、平岸の“聖地”見納めに
関連記事:北海道日本ハム、本拠地を「北広島」に移転へ-2023年開場目指す

ヘテムル

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【平成ラストWinterキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加