ローソン伊勢崎緑町店、セーブオンの「焼きまんじゅう」販売-サークルサインも設置

8月31日7時を以て全店閉店・ローソンに転換された中堅コンビニ「セーブオン」(伊勢崎市)の店舗のうち「ローソン伊勢崎緑町店」のみで「焼きまんじゅう」の販売が継続されることとなった。

「焼きまんじゅう」1店舗のみで販売継続

セーブオンでは、これまで5店舗で群馬県の郷土料理「焼きまんじゅう」が提供されていたが、今回継続販売されることとなったのはローソン伊勢崎緑町店のみ。
同店では、セーブオンで好評であった「浅草 縁-YUKARI- からあげ」も販売されるほか、セーブオンの特徴であった「サークルサイン」を模した看板も設置される予定だ。

ニュースリリースより。

「浅草 縁-YUKARI- からあげ」の提供とサークルサインの設置は、ローソン前橋南インター店でも行われる。
なお、これ以外の店舗の品揃えなどは一般のローソンと同様のものになるとみられる。

外部リンク:セーブオンの特徴を活かした店舗を展開 伊勢崎緑町店では、「焼きまんじゅう」を販売
関連記事:セーブオン、8月31日で「完全消滅」-ローソンに転換で
関連記事:ローソン銀行、2018年秋ごろ開業へ-進む大手小売チェーンの「銀行化」
関連記事:スリーエフ、店舗の大半を「ローソン・スリーエフ」に転換-スリーエフ単独店舗は消滅へ

ヘテムル

【PR】アンケートに答えて商品券を当てよう!
【秋トク!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加