SHIBUYA109、2019年春から「新ロゴ」に-7月22日にお披露目

SHIBUYA109」で来春から使用される新たなロゴサインが、7月22日にお披露目された。

「SHIBUYA109」現在のロゴ。

109、初のロゴ変更

「SHIBUYA109」は東急グループのファッションビル「ファッションコミュニティー109」として1979年4月に開業。売場面積は7,877㎡。
同店では開店40周年となる2019年春より新たなロゴを導入すべく公募を実施しており、公式サイトでは「109ロゴメーカー」も公開されていた。ロゴの変更は開店以来初となる。
お披露目には渋谷区長、藤田ニコルらが特別審査委員として出席。採用されたのは、インハウスデザイナー兼イラストレーターのハナガキダイジュ氏と会社員の池田敦美氏が製作したロゴで、丸みのある文字と、ピンクと青のグラデーションが特徴となっている。

「SHIBUYA109」新ロゴタイプ(公式サイトより)。

新ロゴは2019年春より使用が開始され、建物にも設置される予定。あべのなどの支店においても順次採用されるものと思われる。

外部リンク:SHIBUYA109の新しいロゴが決定!
関連記事:ブックオフ・ビンゴ・ヤフオフ!渋谷センター街店、7月22日閉店-渋谷の書店、また消える
関連記事:渋谷ストリーム、9月13日開業-渋谷ブリッジも秋開業、代官山まで「川と人の流れ」生み出す
関連記事:109MEN’S、「マグネットBYSHIBUYA109」に業態転換へ-2019年春全館開業、渋谷文化の発信基地に

ヘテムル

【PR】アンケートに答えて商品券を当てよう!
【秋トク!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加