イトーヨーカドー、シェアサイクル事業に参入-総合スーパー初、2020年度まで30店で展開へ

総合スーパー「イトーヨーカドー」(千代田区)は、「シナネンサイクル」(港区)と「OpenStreet」(港区)との協業でシェアサイクル事業に参入した。
総合スーパーがシェアサイクル事業に参入するのははじめて。

イトーヨーカ堂に設置されるシェアサイクルの駐輪場。
(イトーヨーカドー公式サイトより)

イトーヨーカドー浦和店から事業開始

シェアサイクル事業は、イトーヨーカドーが敷地内に電動自転車を借用・返却できる駐輪場(ステーション)を提供し、シナネンサイクルが自転車の管理・運営、OpenStreetがシェアサイクルのプラットフォーム「HELLO CYCLING」のシステム提供をそれぞれ行うというもの。
6月21日よりJR浦和駅前の「イトーヨーカドー浦和店」でサービスを開始。利用料金は15分60円で、24時間まで1,000円。最大駐輪可能台数は11台。

イトーヨーカドー浦和店。

浦和店が位置するさいたま市では、「HELLO CYCLING」のステーション(駐輪場)が、同じセブン&アイHDのセブンイレブンを中心に128ヶ所(5月28日時点)で展開しており、駅近のイトーヨーカドー浦和店は利用頻度の高い「マザーポート」となることが期待される。

ヘテムル

「駅近」多いヨーカドー、20年度末まで30店展開へ

今後はさいたま市のように「HELLO CYCLING」が展開されているエリアのイトーヨーカドー店舗を中心にステーションの設置を進め、2018年度中に10店200台、2020年度末までには全国30店、500台規模の展開を目指すという。
首都圏のイトーヨーカドーでは、浦和店のように「駅近」に立地する店舗が多く、ヨーカドーを拠点としたシェアサイクルの普及により「放置自転車の削減」や「住民の移動利便性の向上」といった都市問題・生活環境の改善が期待される。

「駅近」立地の多いイトーヨーカドー。
(写真はJR大森駅、京急大森海岸駅にほど近い大森店)

ニュースリリース:総合スーパー初!全国へ本格展開を開始イトーヨーカ堂とシナネンサイクル、OpenStreet が シェアサイクルで協業~2020 年度末までに 30 店 500 台を設置~(イトーヨーカドー公式サイト)
関連記事:ファミール、閉店ラッシュ続く-ヨーカドーでお馴染み、サイゼリヤへの転換相次ぐ
関連記事:ポッポ、2月末までに大量閉店-ヨーカドーでお馴染みのファストフード店、10年間で半分以下に
関連記事:イトーヨーカドー、看板を「鳩」に戻す工事はじまる-12年ぶり再登板

ヘテムル

【PR】アンケートに答えて商品券を当てよう!
【秋トク!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加