ポッポ、2月末までに大量閉店-ヨーカドーでお馴染みのファストフード店、10年間で半分以下に

セブン&アイHDのファストフード店「ポッポ」が閉店ラッシュとなっている。
2018年2月末をもって「大井町店」や「小岩店」など全国11店舗が一斉に閉鎖。2017年度(17年3月〜18年2月末まで)は計20店舗が閉店する見通しとなった。閉店するポッポ上福岡東店。(埼玉県ふじみ野市)

ヨーカドーでお馴染みのファストフード店

ポッポは総合スーパー「イトーヨーカドー」やショッピングセンター「アリオ」のフードコート内を中心に出店するファストフード店。運営はセブン&アイHD傘下の外食部門を手がけるセブン&アイフードシステムで、2018年2月20日現在で全国76店舗を展開している。
看板商品の一つである「メガポテト」は、税込206円で買えるコストパフォーマンスの良さで人気となっている。

2月末に一斉11店舗閉店-10年間で約80店減に

2017年度は1月末までに「武蔵小杉店」など9店舗のポッポが閉店し、2月末には新たに全国11店舗(詳細下記)が一斉閉店。17年度は計20店舗が閉店する見通しとなった。
ポッポは2008年4月時点で全国145店舗を展開していたが、近年はイトーヨーカドー閉店などの影響もあり店舗数が激減。ここ10年間でおよそ80店舗が閉店し、3月以降は60店舗台にまで減ることとなる。
一方で、新規店舗として「南松本店」(松本市)が2月20日に出店していることから、必ずしも閉店一辺倒の店舗戦略ではないことが伺える。

2018年2月までに閉店した店舗(2017年度)

上大岡店(横浜市港南区)
広畑店(姫路市)
アリオ蘇我店(千葉市中央区)
アリオ上田店(上田市)
沼津店(沼津市)
横浜別所店(横浜市南区)
川口店(川口市)
アリオ松本店(松本市)
武蔵小杉店(川崎市中原区)

2018年2月末に閉店する店舗一覧

釧路店(釧路市)
福住店(札幌市豊平区)
函館店(函館市)
新田店(草加市)
上福岡東店(ふじみ野市)
大井町店(品川区)
小岩店(江戸川区)
姉崎店(市原市)
静岡店(静岡市駿河区)
尾張旭店(尾張旭市)
安城店(安城市)

外部リンク:ポッポ(公式サイト)
関連記事:ドムドムハンバーガー、10月より「新ロゴ」に-大阪・京橋で記者会見、100店舗体制めざす
関連記事:新体制の「ドムドムハンバーガー」閉店相次ぐ-レンブラント社に移管されない店舗で
関連記事:イトーヨーカドー、看板を「鳩」に戻す工事はじまる-12年ぶり再登板
 

ヘテムル

【PR】アンケートに答えて商品券を当てよう!
【秋トク!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加