JR東日本、川崎駅西口の大型再開発着工-2021年の全面完成めざす

JR東日本は、JR川崎駅西口再開発事業の起工式を5月18日に実施した。

完成時の外観イメージ(敷地北東側から)。

JR変電所跡地などを再開発-発展続く西口

JR東日本の川崎駅西口再開発事業は、JR東日本の変電所跡地とその周辺を再開発するもの。ミューザ川崎の南側、川崎ルフロンと線路を挟んで対面の場所に当たる。
敷地面積は約1万2400㎡で、3棟のビルが建設される。

建設予定地。

高層棟は地上29階地下2階で、主にオフィスとして活用する。
共用スペースとして、屋上にはラウンジも設けられる。

屋上ラウンジ。

低層棟は地上5階地下1階で、商業施設、フィットネス&スパなどが入居する。館内には保育施設も設けられる予定。

商業フロア。

ヘテムル

ホテル棟は地上16階で、約300室規模の「ホテルメトロポリタン川崎(仮称)」が入居する。
インテリアデザイン監修は「SUPPOSE DESIGN OFFICE Co., Ltd.」で、ロビーカフェは「音楽のまち」川崎市の多彩な音楽文化を発信し、様々なイベントによって地域に新しいつながりが創られるような交流拠点を創出するという。

ホテルロビー。

全体の完成予定は2021年春だが、ホテル棟は2020年春に完成する予定。
JR川崎駅とは歩行者デッキで直結される予定で、JR東日本は、今回の再開発により川崎駅周辺の都市機能強化・歩行者ネットワークと回遊性向上を実現するとしている。

川崎駅歩行者デッキ上広場イメージ。
(イメージ画像はニュースリリースより)

外部リンク:川崎駅西口開発計画の本体工事着手について
関連記事:川崎ゼロゲート、2019年秋開業-パルコ、さいか屋跡に小型店
関連記事:アトレ川崎、2月17日増床グランドオープン-「東急ハンズ」など96店出店

ヘテムル

【PR】アンケートに答えて商品券を当てよう!
【秋トク!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加