三宮オーパ、2月28日閉店-三宮ターミナルビル、解体へ

神戸市三宮のJR三ノ宮駅ビル(三宮ターミナルビル)に出店するファッションビル「三宮オーパ」(三宮OPA)が2018年2月28日に閉店する。
オーパとともに三宮ターミナルビルに出店する「三宮ターミナルホテル」も閉館を決めており、同ビルは2017年度末までに閉鎖、その後は解体されることとなる。

 三宮ターミナルビル・三宮OPA。

かつては「プランタン三宮」だった

三宮オーパは1981年に「プランタン三宮」として開店。当時、ダイエーは三宮センター街に「ダイエー村」と呼ばれる専門店街を形成しており、プランタン神戸はこの中核店舗であった。
しかし、1995年1月に発生した阪神淡路大震災によりダイエー村が被災して営業不能になると、ダイエー村が担っていた専門店などを引き継ぐため、同年にプランタン神戸を百貨店からファッションビル「三宮オーパ」に、プランタン神戸Part2を百貨店から総合スーパー「ダイエー」に業態転換した。その後、ダイエー神戸三宮店は2017年2月に高層階をオーパに転換している。

サンシティ・ダイエー内に出店した三宮OPA2。

ダイエー系ファッションビルとして知られる「オーパ」(OPA)は、もともと「新神戸オリエンタルパークアベニュー」の略であり、神戸は同社の創業の地であった。

JR三宮ターミナルビル解体へ-新ビルにはオーパ出店せず

現在、三宮ターミナルビル(11階建て)のうち、オーパが出店するのは地下2階~地上3階で、売場面積は4,170㎡。テナント数は約60店。
JR西日本は三宮ターミナルビルを新たなビルへと建替えるために解体すことを発表しているが、オーパはサンシティ(ダイエー)内に新規出店したこともあり、建替え後のビルには再出店しない方針を示している。
JR西日本グループでは大阪駅ビル「LUCUA」(ルクア)の成功以降、関西地区での駅ビル事業の拡充や高架下商店街の管理強化を進めており、三宮ターミナルビルも建替え後はJR西日本の自社主導型商業施設となる可能性が高い。
一方で、「三宮OPA2」が入居するサンシティビル(ダイエー神戸三宮店)も、神戸市主導による再開発で閉館することが決定しており、OPAが従来通り営業を継続できる施設は現在同社が経営する「三宮VIVRE」1施設のみとなるが、三宮VIVREも築49年と老朽化が深刻であり、今後もOPAが創業の地である神戸での店舗を維持できるのかは不透明だ。

三宮周辺再開発の概略(再開発公式FBより)

三宮オーパでは年内から大感謝祭セールが開始されており、1月22日から閉館となる2月28日までは閉店セールが開催される。

外部リンク:三宮オーパ
関連記事:
イオンモール神戸南、9月20日全館開業-地域密着の「食」特化型モール
関連記事:イオンスタイルumie、7月14日開店-ハーバーランドの新たな核店舗、食品売場は「関西最大級」
関連記事:三宮OPA2、2月24日開業-ダイエー神戸三宮店に、現「OPA」は数年以内に閉店へ
関連記事:神戸市、三宮再開発の概要発表-ダイエーなど跡地にツインタワー建設へ

【PR】アンケートに答えて商品券を当てよう!
【春の新生活応援キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加