トリエ京王調布、9月29日開業-調布駅前に3館体制の大型店

旧記事はこちら:ビックカメラ調布駅前店、2017年秋開店-京王調布駅再開発の核、シネコンも出店

京王線調布駅前のショッピングセンター「トリエ京王調布」が9月29日にグランドオープンする。トリエ京王調布の鳥瞰イメージ図。
右からA館、広場を挟んでB館、C館。

旧・調布駅舎跡地に誕生する大型商業施設

トリエ京王調布は2012年8月の調布駅地下化工事により創出された地上スペースに誕生。
施設は新宿方よりA棟、B棟、C棟の3館で構成され、総専門店数は72店舗にのぼる。運営は京王電鉄株式会社。
施設コンセプトは「調布らしいちょっとステキな生活」で、都心から近いながらも自然が多く残る調布の街の魅力を活かした、ナチュラルでスローなライフスタイルの発信を目指すという。

地下化前の調布駅周辺。

関東最大級の成城石井など多彩な専門店が出店-A館

トリエA館(地下改札階〜地上5階)にはファッション・食物販・飲食店など63の専門店が集結。
ファッションテナントでは「京王百貨店」の小型店(4階)、「UNITED ARROWS green label relaxing」(2階)、「earth music&ecology premium store」(3階)などが出店。
飲食店フロアとなる5階には「牛たん炭焼利久」や「とんかつまい泉」、「焼肉 HEIJOEN」といった肉料理提供店、寿司の「もりもり寿し」、中華の「雲龍一包軒」、自然食バイキングの「はーべすと」など様々なジャンルのレストランが軒を連ねる。

多彩な専門店が出店するA館。

食物販テナントの目玉は関東最大級の売場面積を誇る「成城石井」(1階)で、食品スーパーと店内飲食スペースを組み合わせた新タイプの店舗となる。その他にも、ミニスーパー「京王ストアエクスプレス」(地下改札階)や、京王線沿線で初出店となる洋菓子店「アトリエうかい」(1階)、福岡県のあまおう苺を使ったドリンクが楽しめる本州初出店の「伊勢きんぐ」(1階)など多彩なテナントが出店する。

A館1階には関東最大級の成城石井が出店。

調布初のビックカメラ、話題の肉カフェが進出-B館

B館(地下1階〜4階)の核テナントにはビックカメラの大型店「ビックカメラ調布駅前店」が進出。B館の全フロアに出店し、売場面積は約4,700㎡。
ビックカメラでは2013年に出店した赤坂見附店に次ぐ4年ぶりの都内新規出店となり、多摩地区でも5店舗目の出店となる。
また、1階には京都発の“肉が旨いカフェ”「NICK STOCK(ニックストック)」が出店する。

ビックカメラが出店するB館。

イオンシネマ、猿田彦珈琲の大型店が入居-C館

トリエで最も西に位置するC館(1階〜5階)には「イオンシネマ シアタス調布」(2階〜5階)が入居。
東日本初導入の立体音響テクノロジー「GDC featuring dts-X」採用のシアターから、体感型アトラクションシアター「4DX(R)」に至るまで、全11スクリーン、総座席数約1,650席を有するシネマコンプレックスとなる。

イオンシネマが入居するC館。

C館のエントランスにあたる1階には「産食グリル&生パスタ カムラッド」、「鶏蕎麦十番ICHIKORO/タイヤキスイーツ鯛パフェ」といった飲食店など6店舗が出店。注目は調布市出身の大塚朝之氏がオーナーを務める「猿田彦珈琲」で、焙煎所を併設するなど同チェーンでは最大の店舗となる。

C館1階には猿田彦珈琲最大規模の店舗が出店する。

【PR】アンケートに答えて当てよう! 【うきうきサマーキャンペーン】

トリエ京王調布

住所:調布市布田4‐4‐22 ほか
営業時間(予定):ショップ(A・B・C館) 10:00~21:00
※ショップの一部店舗は営業時間が異なる。
レストランフロア(A 館 5 階) 11:00~23:00
ビックカメラ(B 館) 10:00~21:00
イオンシネマ シアタス調布(C 館) 8:00~24:00
 ※イメージ画像はニュースリリースより引用。

ニュースリリース:東京都調布市に新たなランドマークが誕生! 人々や暮らしを結ぶ“ちょっとステキ”な商業施設「トリエ京王調布」9 月 29 日(金)オープン! (京王電鉄公式サイト)
関連記事:ビックカメラ調布駅前店、2017年秋開店-京王調布駅再開発の核、シネコンも出店(追記:「トリエ京王調布」)
関連記事:ライフつつじヶ丘店、4月2日閉店-旧・忠実屋、クロスガーデン調布に移転で
関連記事:ル・シーニュ、7月14日開業-府中駅南口再開発”43年越し”完了へ

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【うきうきサマーキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル