ル・シーニュ、7月14日開業-府中駅南口再開発”43年越し”完了へ

京王線府中駅南口で建設が進んでいた複合商業施設「ル・シーニュ」(Le SIGNE)が7月14日にグランドオープンする。

建設進む「ル・シーニュ」。

府中駅南口の再開発、計画から43年越しの完成

ル・シーニュは「府中駅南口第一地区第一種市街地再開発事業」として開発が進められていた複合商業施設。
建物は地下2階、地上15階建て、延床面積は約57,100㎡で、商業ゾーンの店舗面積は約13,000㎡。
1974年に計画発案された府中駅南口の再開発計画では、これまでに百貨店「伊勢丹府中店」を核とする商業施設「フォーリス」(売場面積:40,403㎡、1996年開業)や、商業住居複合施設「くるる」(売場面積:5,830㎡、2005年開業)といった施設が建設されてきたが、今回の「ル・シーニュ」の完成により、府中駅南口再開発は「43年越し」の完了を迎えることになった。
ル・シーニュ完成予想図(ニュースリリースより)。

商業、公共、住居の3ゾーンで構成

ル・シーニュは大きく分けて、商業ゾーン、公共施設ゾーン、住居ゾーンに分かれており、商業ゾーンは「SHOP PODS」(地下1階〜地上4階)、公共施設ゾーンは観客席定員284人の「バルトホール」、会議室などが入る府中市市民活動センター「プラッツ」(5~6階)と4つの音楽練習室を備える「府中市立府中の森芸術劇場分館」(地下2階)、「住居ゾーン」は野村不動産の分譲住宅など138戸の「プラウド府中ステーションアリーナ」(7〜15階)となる。

フロアマップ(ニュースリリースより)。

商業ゾーンに100店舗、一大商業集積築く府中駅前

施設の核となる商業ゾーン「SHOP PODS」には、地階にスーパーマーケット「京王ストア」(屋号未定)、「成城石井」が出店するほか、大手雑貨店「無印良品」、無印良品が運営するカフェ「Café&MealMUJI」、和食器・和雑貨「吉祥寺菊屋」、インナーウェア「チュチュアンナ」、スポーツ関連品「ファイテンショップ」、眼鏡店「Tokyo Glass Company」(TGC)、まつ毛サロン「Eyelash Salon Blanc」、金券ショップ「チケットエンジェル」、イタリアンカフェ「テラコッタ」、牛丼・松屋のカレー店「マイカリー食堂」、「あおぞら耳鼻咽喉科」、「あすなろ小児科」など約100店舗が集結。伊勢丹・フォーリス、くるると合わせると、総店舗数300店を超える一大商業集積が誕生することになる。
(テナント正式発表前のため出店店舗や店舗の屋号・業態などは変更される場合があります。)

伊勢丹・フォーリス、くるるとともに一大商業集積を築くル・シーニュ(手前右)。

ル・シーニュ

住所:東京都府中市宮町一丁目100番地

ニュースリリース:商・公・医・住 一体型の複合施設「ル・シーニュ」誕生!!「まちびらき」は2017年7月14日(金)に決定!(PR TIMES)
外部リンク:ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。府中市市民活動センター「プラッツ」及び府中市立府中の森芸術劇場分館の施設案内パンフレット (PDF)(府中市)
関連記事:ライフつつじヶ丘店、4月2日閉店-旧・忠実屋、クロスガーデン調布に移転で
関連記事:ビックカメラ調布駅前店、2017年秋開店-京王調布駅再開発の核、シネコンも出店
関連記事:ココリア多摩センター、3月20日の三越閉館で専門店街拡大-多くのテナントが営業継続へ

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【夏を先取り!ゴールデンキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル