画像

西武春日部店、2016年2月に閉店へ

セブンアンドアイホールディングス傘下の「そごう・西武」は、西武春日部店(埼玉県春日部市)を2016年2月末に閉店する。
1444261616148-
西武春日部店。ロフトなども出店。

春日部唯一の百貨店-クレヨンしんちゃんにも登場

西武春日部店はロビンソン百貨店春日部店として1985年に開店。売場面積は約27,000㎡、売場は地上7階-地下1階で、春日部市では唯一の百貨店。
西武百貨店がセブンアンドアイグループに加入したことにより、2009年にそごう・西武と経営統合し、2013年からは西武春日部店として運営されていた。
西武百貨店化後は、食品売場を中心に改装を実施、商品の高品質化も図ったが、2013年に開業したイオンモール春日部の影響もあり、業績の改善には繋がらなかったと見られる。
1444261617814-
西武春日部店エントランス。春日部市の中心部に立地している。

セブンアンドアイホールディングスは、総合スーパーを中心に不採算店の整理を進めることを表明していた。
跡地の活用方法などはまだ発表されていない。
(担当記者:W)

外部リンク:そごう・西武

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

南海和歌山市駅ビル、建替えへ

南海電鉄は、老朽化した「和歌山市駅ビル」を建て替えることを決めた。
髙島屋和歌山店
南海和歌山市駅。高島屋が出店していた。

2014年まで髙島屋が出店-解体は2017年に

和歌山市駅ビルである南海和歌山ビルには、2014年8月まで百貨店の「和歌山髙島屋」が出店、現在の核店舗はイズミヤが運営する「デイリーカナート」など。
2015年5月より現在の駅ビルを維持したままオフィス棟を着工、2017年からは現駅ビル撤去に着手し、市民図書館、商業施設などが入った新駅ビルを建設するほか、平行して和歌山市が駅前広場を整備する。
全ての工事が完了するのは2020年の予定。

下記リンク(南海公式)より完成予想図なども見ることができる。

外部リンク:和歌山市駅活性化計画の実施について(南海電鉄)

和歌山県民の証(スマホ向けアプリ)
「JTBキャンブックス」の最新刊をチェック!
「RMライブラリー」の最新刊をチェック!

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加