ライフ豊洲店、2022年9月10日開店-3階建ての総合スーパー業態

東京都江東区の晴海通り沿いに、総合スーパー「ライフ豊洲店」が2022年9月10日に開店する。

ライフ豊洲店。

スーパー激戦区「豊洲」にライフ

ライフが出店するのは、明治屋食品→三菱食品のオフィス跡。近隣にダイエー、スーパーサカガミ、あおきなどがある激戦区となる。
売場は1階から3階で、店舗面積は2,172㎡、目標売上は31億円としている。地下には72台収容の駐車場を備える。

「子育て世帯」のための商品を充実

江東区は子どもがいる世帯数の割合が東京都内で1番多いことを受け、食品では精肉等のジャンボパックや冷凍食品、簡単・便利に調理ができるミールキットなどを豊富に品揃えする。また、健康へのニーズに対応するため、自然派プライベートブランド「BIO-RALコーナー」を展開、そのほかにも老舗や専門店など品質にこだわった商品などを取り揃えるとしている。とくに鮮魚では近隣の豊洲市場から新鮮な鮮魚を直送・対面販売する。
生活関連用品売場でも、子育て世代のためにベビー用品・ベビーフードを充実させるほか、雑貨売場ではファンシー雑貨「ブリーズガーデン」を展開する。

ライフ豊洲店

住所:東京都江東区豊洲4-11-6
営業時間:9:30~24:00

関連記事:ダイエー豊洲店、2022年4月1日開店-48階建てタワーマンション「ブランズタワー豊洲」別棟に
関連記事:スタジオコースト、2022年1月閉館-新木場「USEN STUDIO COAST」、20年の歴史に幕
関連記事:パレットタウン、2022年中に順次閉館-大型アリーナなど建設で、Zepp Tokyoは1月1日・ヴィーナスフォートは3月27日閉店
関連記事:東京お台場 大江戸温泉物語、2021年9月5日閉館-「大江戸温泉物語」創業の地、定借権の終了で
関連記事:東京BRT、2020年10月1日1期運行開始-都心と湾岸地域を結ぶ快速バス

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【HAPPY!オータム2020キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加