イトーヨーカドー金町店、2022年9月4日閉店-東金町一丁目西地区再開発で、タワマン核の複合施設に

東京都葛飾区の金町駅前にある総合スーパー「イトーヨーカドー金町店」が、2022年9月4日に閉店する。

イトーヨーカド金町店。

日本初・自動車教習所併設の総合スーパーだった

イトーヨーカドー金町店は1973年7月に開店。店舗面積は8,983㎡で、テナントとして100円ショップ「ダイソー」、「アイン薬局」、「手芸ドリーム」などが出店する。このほか、一時はセブンアイグループの「セブンホームセンター」の売場が設けられていた。

また、店舗屋上には日本初の商業施設屋上教習所(現在も都内で唯一)となった金町自動車教習所が設けられている。

屋上に自動車教習所がある。

金町駅前再開発でタワマン・商業施設などに

閉店は金町駅前再開発事業のため。
跡地で行われる再開発事業名は「東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業」で、中核企業は三菱地所、三菱地所レジデンス、三井不動産レジデンシャル、総事業費は約700億円。イトーヨーカドー・自動車学校跡地に加えてその周辺地区や貨物線跡も敷地に含まれるとみられる。

再開発イメージ。(三井不動産より)

地上40階・地下2階のタワーマンション棟(約860戸)を核に、下層階には商業施設を、中層階には自動車学校を開設する予定となっているが、2022年度中に着工する予定の第一期部分はそのうち商業施設・自動車教習所などが設けられる地上5階・地下2階の低層部分となる。

イトーヨーカドー金町店・閉店告知。

金町駅前ではヨーカドーと別の街区でも大型再開発が計画されており、数年後には風景が一変することとなる。
再開発後にイトーヨーカドーが再出店するかどうかなどについては、2022年3月時点では発表されていない。

再開発エリア。

関連記事:ドン・キホーテ北千住西口店、2021年7月2日開店-北千住駅前通りに
関連記事:ジェクサーe-SPORTS STATION JR松戸駅店、2021年1月24日開業-JR東日本初の常設eスポーツ施設、びゅうプラザ跡に
関連記事:エキュート日暮里、2020年7月15日リニューアル開業-日暮里エキナカ、28店が出店

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【HAPPY!オータム2020キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加