DON DON DONKI 澳門、2021年9月9日開店-ドンキ、マカオ初進出

中華人民共和国澳門特別行政区(マカオ)のタワーマンション併設複合商業施設「信歩閑庭Trust Leisure Garden)」に、パン・パシフィック・インターナショナルHD(PPIH、ドンキ)のマカオ1号店となる「DON DON DONKI  澳門(マカオ)」が2021年9月9日午前10時(マカオ時間)に開店した。

DON DON DONKI澳門の全体。

澳文摘要:日本零售連鎖店「驚安の殿堂 唐吉軻德(Donki)」澳門首店「DONDONDONKI澳門店」將於2021年9月9日開幕。門市主題是「Real Japan」。

ドンキのマカオ1号店、タワマン下層の複合商業施設に

ドンキのマカオ1号店が出店するのは、タワーマンション「信歩閑庭Trust Leisure Garden)」下層階の商業ゾーンG階(グランドフロア)。
店舗面積は1,776㎡で、ドンキ子会社の現地法人が運営する。

DON DON DONKI澳門。

コンセプトは「リアルジャパン」-日本の売場再現

ドンキによると、マカオでは日本の商品に対する関心、需要が高いといい、マカオ1号店では「リアルジャパン」をコンセプトとした。
DON DON DONKIの強みである生鮮食品や惣菜を主力とし、日本食の美味しさをドン・キホーテの特徴の一つであるPOPや店内演出を通じて来店客に感じてもらい「日本に行って日本食・文化を体験して要るかのようなワクワク・ドキドキ感を提供する」としている。

鮮魚売場。

生鮮食品のうち、精肉部門ではマカオで人気の高い和牛を種類豊富に展開する。また、総菜コーナーでは和牛や丼もの、焼き鳥、お好み焼きや焼きそばなどの鉄板焼きの4つのカテゴリーを中心に展開し、調理工程が見えるオープンキッチンを活用。ライブ感を演出する。

精肉売場。

さらに、屋台エリアでは焼き芋やおでん、コロッケ、ソフトクリームなどを展開し、総菜コーナーと合わせて日本で親しまれている味を再現するとしている。

屋台エリア。

このほか、近年マカオで高まっているエコ意識に配慮した環境に良い店づくりを実践。購入した商品の持ち帰りには使い捨てのビニールのレジ袋は使用せず、不織布のレジ袋やエコバックを販売する。
また、使用済み乾電池の回収ボックスを設置してリサイクルを呼びかけ、フードロスの削減などにも取り組むなど、地域密着の店づくりを目指すという。

ラオックスも「澳門出店」-コロナ後の需要掘り起こしも

ドンキ開店に先立つ8月27日、日本の大手免税店「ラオックス」も新たな合弁会社「南粤LAOX」を設立したうえでマカオに初進出することを発表した。
ラオックスが出店を検討しているのはドンキから徒歩圏の青茂口岸エリア。開店はまだ先になるが、ラオックスもマカオで日本の商品を販売する店舗を運営するとみられ、ドンキと競合関係になることが予想される。
ドンキは東南アジアを中心に海外への多店舗展開を続けており、今回のマカオ進出で店舗網は日本含めて8国/地域目。2024年までにマカオ2号店の出店をめざしている。

ドンキグッズ・日本の雑貨も販売。

コロナ禍により海外から日本に行けない状況が続いているため、ドンキやラオックスによる日本製品需要の掘り起こしによって、コロナ後の日本国内のドンキやラオックス店舗、そして日本経済全体への波及効果も期待される。
(画像は公式サイトより)

DON DON DONKI澳門店

営業時間:24時間営業(開店日に限り午前10時からの営業)
住所(地址):澳門沙梨頭南街94-182號信步閑庭-商鋪地下F,G,H,I,O,P,T,U座
:Rua Sul Do Patane No.94–182, Avenida Maginal Do Patntate No. 717–775&Rua Nova Do Patane No. 37–45, Trust Leisure Garden ,R/C, F, G, H, I, O, P, T, 
donki-macao-map

関連記事:DONDONDONKI TMT PLAZA店、2021年7月20日開店ー屯門市廣場に香港最大級ドンキ、テーマは「日本電車旅」
関連記事:DON DON DONKI DOWNTOWN EAST店、2021年4月15日開店-ドンキ、シンガポール9号店は全国労働組合会議系の複合施設に
関連記事:DONDONDONKI アイランドリゾートモール店、2021年2月4日開店-ドンキ、イオン・百佳が出店する香港島有数の複合施設に

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【HAPPY!オータム2020キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加