イズミヤ茨木店、2020年8月2日閉店-茨木ショップタウンの衣料スーパー、再開発を前に

大阪府茨木市のJR茨木駅西口にペデストリアンデッキを通じて直結する「茨木ショップタウン」の核店舗「イズミヤ茨木店(fratto茨木店)」が、2020年8月2日午後6時をもって閉店する。

イズミヤ茨木店。

茨木駅前の「衣料品専門イズミヤ」、50年の歴史に幕

茨木ショップタウンは、1970年3月に住友商事グループが大阪万博に合わせて整備した複合商業施設として国鉄茨木駅(当時)駅前に開業。建物は地上10階地下2階建、店舗面積は2,900㎡。
核店舗のイズミヤ茨木店は1974年8月に別館(地上4階地下1階建)を新設するなど、長らく駅前随一の規模を持つ総合スーパーだったが、2001年9月をもって別館を閉鎖、ショップタウン1~2階に売場を再び集約していた。
その後、2010年12月に2階直営衣料品売場をイズミヤのカジュアル衣料新業態「fratto」1号店に刷新、あわせて100円ショップ「meets.」を導入する大規模リニューアルを実施した。
イズミヤ茨木店。

茨木ショップタウンを含めたJR茨木駅西口では、2015年頃から再開発構想が持ち上がっており、イズミヤの閉店はそれを見越したものであると思われる。
2020年7月時点では、イズミヤ跡の活用方法については未定となっているが、同店のテナントとして入居するmeets.は当面営業を継続する予定。JR茨木駅周辺のH2Oリテイリング(阪急阪神百貨店)系スーパーは「阪急オアシス茨木駅前店」(2020年7月10日建替リニューアル)、イズミヤの衣料品専門店はくずはモール店、それぞれ1店舗のみとなる。

関連記事:イオンタウン茨木太田、2021年春開業-東芝大阪工場跡地、専門店約60店舗が出店
関連記事:神戸阪急・高槻阪急、2019年10月5日開店-そごう神戸店・西武高槻店は9月30日閉店
関連記事:ビエラ茨木新中条、2019年5月17日開業-JR西日本系複合商業施設、立命館大学OIC隣接地に
関連記事:ビエラ岸辺健都、2018年10月ごろ開業-吹田操車場跡、「健康医療都市」の核を目指す
関連記事:イオンスタイル新茨木、2017年6月3日全面リニューアル開業ー関西初の「G.G.対応店舗」

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【夏クルー!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加