ビエラ茨木新中条、2019年5月17日開業-JR西日本系複合商業施設、立命館大学OIC隣接地に

大阪府茨木市新中条町のイオンモール茨木近くにJR西日本不動産開発の複合施設「ビエラ茨木新中条」が2019年5月17日に開業する。

VIERRA茨木新中条。

JR西日本の商業施設、立命館OIC隣接地に

ビエラ茨木新中条はJR西日本不動産開発により、JR西日本茨木寮跡地で「茨木新中条町NKビル」として建設が進められていた複合商業施設。建物は地上6階建で、店舗面積は1,636㎡、延床面積は10.934㎡。なお、近くにJR西日本の駅は存在しない。
低層階には、イズミヤの食品スーパー「デイリーカナートイズミヤ新中条店」を核に、ドラッグストア「ココカラファイン」、地元茨木のラーメン店「麺屋ふくちぁん」、自然食カフェ「BONOcafe」の姉妹店「季節のごはんカフェsatono」、京都発の美容室「Spin hair」など複数の専門店が出店、クリニックモールも併設される。
高層階には学生賃貸マンション大手「ナジック」が管理運営を行う学生マンション「Plaisir茨木」(3・4階)、JR西日本と業務提携関係にある「グローバルエージェンツ」が運営する隣人交流型賃貸住宅(ソーシャルアパートメント)「TERMINALS茨木」(5・6階)が設けられる。


6階 TERMINALS茨木
5階 TERMINALS茨木
4階 Plaisir茨木
3階 Plaisir茨木
2階 商業施設・メディカルモール・駐車場
1階 商業施設・駐車場
立命館との一体的な「まちづくり」に期待

当施設は2015年4月にサッポロビール大阪工場跡地に開設された「立命館大学大阪いばらきキャンパス」(OIC)と隣接していることから、計画発表当初よりソーシャルアパートメントなど、立命館と相乗効果が期待されるテナントの誘致が進められていた。
当施設の開業により、学生の利便性向上のみならず学生と地域との結び付きが強化することも期待されている。

関連記事:イズミヤ東寝屋川店、2019年5月6日閉店-寝屋川公園駅前の総合スーパー、39年の歴史に幕
関連記事:京阪交野タウン・平和堂フレンドタウン交野、2019年2月15日開業
関連記事:そごう神戸店・西武高槻店、「神戸阪急」「高槻阪急」に-2019年10月から
関連記事:ドン・キホーテ寝屋川香里園店、2018年8月10日開店-京阪香里園駅前に

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加