太陽家具、福岡西店・福岡筑紫野店を2020年6月30日までに閉店-福岡都市圏から完全撤退

山口県に本店を置く家具店「太陽家具百貨店」は、旗艦店である福岡市西区福重の「太陽家具福岡西店」を2020年6月7日に、福岡県筑紫野市塔原東の「太陽家具福岡筑紫野店」を6月30日に閉店する。

太陽家具福岡筑紫野店。

事業立て直しを進めていた太陽家具

太陽家具百貨店は1947年4月に山口県宇部市で創業。2020年5月時点では、郊外型大型家具店「Life Stage TAIYO」、地域密着型家具店「太陽家具」を12店舗展開している。(熊本地震以来休業扱いのインテリア専門店「ANBIENCE+」1店舗を除く)
同社は1990年8月に、大型店舗1号店「太陽家具北九州西店(Life Stage TAIYO 北九州西店)」を百貨店「井筒屋本城店」跡に出店して以来、郊外型大型家具店とインテリア専門店の出店を加速。最盛期となる2008年には全国27店舗を展開していたが、低価格家具店などとの競争激化や事業立て直しの一環として、2012年1月までに首都圏・関西圏から全面撤退、2018年10月には大型店1号店の北九州西店を閉店、社員数を削減するなどリストラ策を進めていた
太陽家具北九州西店。(2018年10月閉店)

旗艦店閉店で福岡都市圏から完全撤退

太陽家具福岡筑紫野店は1997年2月に開店。建物は地上3階建。
九州自動車道筑紫野IC近くの幹線道路沿いへの出店であり、福岡都市圏初となるライフステージ業態の店舗であった。
太陽家具福岡西店は2000年10月に開店。建物は地上4階建。
開店以来、太陽家具グループ最大の売場面積(12,354㎡)を備えることから、同年8月に開店した福山店(10,000㎡)とともに同社の旗艦店としての役割を担っていた。また、西部ガスグループのマンションデベロッパー「エストラスト」のショールームや女性専用30分健康体操教室「カーブス」がテナントとして入居する。

店舗数、10年で半分以下に

今回閉店することが決まった福岡西店・福岡筑紫野店ともに、1万㎡前後の大型家具店であるが、現時点では跡地活用についての方針は発表されていない。
両店舗の閉店により、同社の営業店舗数は10年前の1/3となる10店舗、1万㎡級の店舗は福山店のみとなる。

関連記事:アイランドアイ、2020年3月27日開業-アイランドシティにフードウェイを核とする大型複合施設
関連記事:ブランチ博多パピヨンガーデン、2020年3月13日開業-パピヨンプラザ跡、ハローデイを核に約40店が出店
関連記事:天神ビブレ、44年の歴史に幕-2020年2月11日閉店、多くの市民に惜しまれた最終営業日
関連記事:天神コア、2020年3月31日閉館-西鉄「天神一高い」複合ビル建設へ
関連記事:ニトリ太宰府店、2018年12月16日閉店-旧・ニコニコドーのニトリ九州1号店、隣接地に移転へ
関連記事:太陽家具、大型店2店を2018年10月31日閉店-”店舗半減”の太陽家具、旧「井筒屋」の本城店も閉店に

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【夏クルー!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加