イオン石巻駅前店、2020年4月23日開店-さくら野百貨店跡の石巻市役所1階に

宮城県石巻市のJR石巻駅前、石巻市役所1階の商業施設「エスタ」跡に、イオン東北(旧・イオンリテール東北カンパニー)のスーパーマーケット「イオン石巻駅前店」が2020年4月23日に開店する。

石巻市役所(旧・さくら野百貨店)。

百貨店跡を活用した市役所庁舎ビルにイオン出店

石巻市役所の建物は1996年3月に「マイカル(現・イオン)」傘下の百貨店「ダックシティ丸光石巻店」が移転・業態転換した「石巻ビブレ」として開業。建物は地上6階建、ビブレ時代の売場面積は14,581㎡。6階は宮城県内初・百貨店初となるシネマコンプレックス「ワーナー・マイカル・シネマズ石巻」であった。
ビブレは2001年の親会社経営破綻後、2002年に店名を「さくら野百貨店石巻店」に変更し営業していたが、2007年3月に開業した「イオンモール石巻」の影響を大きく受けるかたちで2008年4月をもって閉店。石巻市に市役所庁舎の移転先として店舗建物を無償譲渡した。

市内最大の大型店「イオンモール石巻」。

その後、建物は2008年6月に1階が地場スーパー「ステップ」を核店舗とする商業施設「エスタ」となり、2階から6階は「石巻市役所」として順次再活用が開始された。なお、ワーナーマイカルシネマズ跡は市議会の議場となっている。

エスタ。

しかし、2011年3月の東日本大震災により1階が浸水し、エスタは長期休業。そののち再開したものの、震災後の中心市街地人口減などにより経営不振となったために2017年5月に閉店。テナントゾーンも2018年中に全て閉店し、石巻市が後継テナントを募集していた。
石巻市はイオンの出店に合わせて4月にイオンと地域活性化包括連携協定を締結、開店より地域ワオン「いしのまき萬画WAON」を発行する。
なお、2020年3月に発足したイオン東北としては初の新規出店となる。

イオンは食品・日用品売場のみ-半分はテナントゾーン

イオン石巻駅前店の店舗面積は2,369㎡。直営売場は1,295㎡で、食品・日用品を中心に扱うほか、イートインコーナー「ここdeデリ」や「イオン銀行ATM」、イオンの調剤薬局が併設される。
また、売場の半分がテナントゾーンとなり、テナントとして100円ショップ「セリア」をはじめ「蒲鉾本舗 高政」など、地元店を中心に以前エスタに出店していた複数の店舗が再出店する。
なお、駐車場は市役所駐車場(旧・さくら野駐車場)が利用できる。

イオン石巻駅前店・テナント一覧
  • イオン(イオン食品・日用品売場)
  • イオン調剤薬局(イオン)
  • イオン銀行ATM(イオン)
  • セリア(100円ショップ)
  • 蒲鉾本舗 高政(かまぼこ)
  • ペパーミントムーン(婦人服)
  • 小野友(化粧品)
  • ムッシュ太田(美容室)
  • 丹野印舗本店(印鑑)
  • さくら整骨院(整骨院)
  • 案内所(既設のもの)
イオン石巻駅前店

住所:宮城県石巻市穀町14−1
営業時間:8時~20時(イオン食品売場)

関連記事:イオン東北、2020年3月1日発足-マックスバリュ東北とイオンリテール東北が経営統合、イオンの完全子会社に
関連記事:コープ東北、スマホ決済「COOPAY」(コープペイ)2019年7月22日から導入-将来的には東北6県の生協と日専連加盟店舗で利用可能に

関連記事:石巻エスタ、2017年5月31日閉店-旧さくら野百貨店、石巻市役所1階の商業施設

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【夏クルー!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加