イイノ立川、2020年1月18日全館開業(テナント一覧)-立川マルイ・モディ・ロフト跡、新たな商業施設に

東京都立川市のJR立川駅前にある立川ロフト跡(丸井・井上共同ビル)に、商業施設「イイノ立川」(iino Tachikawa)が2020年1月18日に全館開業した。

丸井・井上共同ビル「イイノ立川」。

丸井立川店跡、新たな専門店街に

イイノ立川の前身となる百貨店「丸井立川店(マルイミニ立川)」は、旧店舗(1952年開業)の建替えに伴い誕生した「丸井・井上共同ビル」の核店舗として1970年に開業。建物は地上7階建。
丸井立川店は立川駅北口を代表する商業施設のひとつだったが、1990年代のJR立川駅ビルへの移転計画断念、競合する伊勢丹・高島屋の増床移転、また、丸井としては狭い面積も災いして2007年8月をもって一時閉店していた。その後、2007年9月には丸井グループの専門店ビル「立川モディ」として業態転換、競合百貨店との差別化を目的に若年層特化型の商業施設として再生を目指したが、施設リニューアルのため2012年5月に閉店。2012年8月には大手雑貨店「立川ロフト」が1~4階に開店したが、ロフトはその後駅ビル「立川ルミネ」にも出店、立川ロフトは2019年5月26日をもって閉店していた。

立川ロフト。

しまむら、島村楽器など新規出店

丸井・井上共同ビルは、ロフトの閉店により、ブックオフの総合中古商品買取・販売店「BOOKOFF SUPER BAZAAR」やカメラ専門店「カメラのキタムラ」、カフェ「CAFE de CRIE」、献血ルームなど、一部店舗を除き閉鎖状態にあったが、2019年9月以降「イーノ立川」と名称を変え、いなげや系のドラッグストア「ウェルパーク」やファストファッション「ファッションセンターしまむら」、100円ショップ「Watts」といった大型専門店が順次開業新規出店。2020年1月18日の総合楽器店「島村楽器」開店により地下1階から地上7階までの全フロアが営業を開始し、グランドオープンを迎えることとなった。

新規出店したWatts。

館内の一部(1階など)にはまだ小規模な空きスペースがあり、今後、さらに出店テナントが増えると思われる。

ペデストリアンデッキ側のエントランス。

イーノ立川・テナント一覧(フロアガイド)
島村楽器、Youth Theater Japan
ブックオフ(本、CD、ゲーム、ホビーなど)
ブックオフ(洋服、雑貨など)
ファッションセンターしまむら
薬ウェルパーク/北口デッキ連絡通路
100円ショップWatts、ハクビ京都きもの学院
カメラのキタムラ、Softbank、iCracked、CAFE de CRIE
B 献血ルーム

(2020年1月18日現在)

関連記事:立川ロフト、2019年5月26日閉店-「立川ルミネロフト」は4月5日に増床
関連記事:ドン・キホーテららぽーと立川立飛店、2018年10月20日開店-ドンキのモール向け新業態
関連記事:立川高島屋、2018年10月11日から「立川高島屋S.C.」に-専門店との融合進める高島屋

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【夏クルー!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加