イオンスタイル河辺、2019年8月9日開店-東急ストア・河辺とうきゅう跡

東京都青梅市のJR青梅線河辺駅前に、イオンの総合スーパー「イオンスタイル河辺」が2019年8月9日に開店する。

2019年4月に閉店した「河辺とうきゅう」

イオンスタイル河辺の前身となる東急ストアの「河辺とうきゅう」は、再開発ビル「河辺タウンビルA館」の核テナントとして2007年4月に開店。建物は地上5階建で、売場面積は11,021㎡、公益財団法人東京都都市づくり公社が所有する。

河辺とうきゅう。

東急ストアの開業当初は総合スーパー業態として営業を行っていたが、2013年12月の改装を機に直営売場を大幅に削減し、2階直営食品・日用品売場を主とする食品スーパー業態に転換、3階・4階の直営衣料・書籍・文具・玩具売場跡を「パシオス」「マックハウス」などの専門店フロアに刷新したが、2019年4月30日をもって完全閉店していた。

イオンスタイル河辺、食に加えて化粧品や衣料品も展開

イオンスタイル河辺の直営売場面積は約3,500㎡、専門店売場面積は約5,200㎡(A・B棟含む)。
同店舗は東急ストアの一部専門店とパート社員40名を引継ぎ、商品、サービス、売場環境を一新し開店するもので、近隣住民や駅利用者の需要に対応した店舗づくりを行う。
2階フロアの直営食品売場では、青梅市の老舗酒造会社「小澤酒造」(1702年創業)の澤乃井酒粕と青梅産の豚肉「青梅豚」を使った豚汁「御嶽汁」のフリーズドライや地元産野菜を展開。グローサラント型売場「ここdeデリ」では、和洋中惣菜約40種類を提供する「リワードキッチン」や店内製造のピッツァ、3種類のカレーなども提供する。
3階フロアでは、イオン直営のインナーカジュアルストア「IC」や美と健康の専門ショップ「グラムビューティーク」を展開する。


東急時代からのテナントに加え、4店舗が新規出店

イオンスタイル河辺には東急ストア時代からの専門店として、東急百貨店のベーカリー部門として創業した「サンジェルマン」、イオングループの靴量販店「ASBee fam.」、100円ショップ「ダイソー」、書店「文教堂」、手芸用品店「クラフトハートトーカイ」など20店舗が引続き出店するほか、8月23日には新たな専門店として雑貨店「HIDE&SEEK」、眼鏡店「メガネフラワー」、とんかつ「かつ良」、釜揚げ讃岐うどん「きぬさ屋」の4店舗が新規出店する。

イオンスタイル河辺のテナント一覧
1階
  • ほっ!と保険(保険)
  • リンガーハット(ちゃんぽん)
  • かつ良(とんかつ)
  • 釜揚げ讃岐うどん きぬさ屋(うどん)
  • ハロースミス(合鍵・靴修理)
  • おしゃれ工房(洋服・バックお直し)
  • マミークリーニング(クリーニング)
  • 宝くじチャンスセンター(宝くじ)
  • ドコモショップ(携帯電話)(別館)
  • ロッテリア(ハンバーガー)(別館)
2階
  • サンジェルマン(ベーカリー・カフェ)
  • 文明堂(和菓子)
  • 伊藤園(お茶)
  • うおひで(魚惣菜)
  • 日本一(やきとり)
3階
  • ASBee fam.(靴)
  • シ・エ・ル(美容室)
4階
  • 文教堂(書籍)
  • クラフトハートトーカイ(手芸)
  • ダイソー(100円均一)
  • ハイド&シーク(雑貨)
  • メガネフラワー(眼鏡)
  • セイハ英語学院(教室)
  • ニットソーイングクラブ(洋裁教室)
イオンスタイル河辺

住所:東京都青梅市河辺町10丁目7番1号
営業時間:9時~22時(食品)
営業時間:9時~19時(イオン薬局、土日祝は18時まで)
営業時間:9時~21時(iC、グラムビューティーク)

関連記事:河辺とうきゅう、2019年4月30日閉店-河辺タウンビルの核店舗
関連記事:驚安堂あきる野店、2018年2月1日開店-ドンキのディスカウントスーパー、都内2号店

関連記事:“新”東京都立多摩図書館、2017年1月29日移転開館-国内最大の「公立雑誌図書館」、西国分寺に

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加