中三弘前店マチナカラック、2019年8月開業-上層階を「アウトレットモール」化、地方百貨店の新モデルに

青森県弘前市の百貨店「中三弘前店」が全面改装し、2019年8月下旬に上層階をアウトレットモール「マチナカラック(MACHINAKA RACK)」として運営開始する。p1040572中三弘前店。

弘前市中心部で57年営業を続ける百貨店

中三弘前店は1962年11月に開業。現在の建物は1968年4月に新築、1995年に増築・全面リニューアルした。建物は地上8階、地下1階建てで売場面積は20,434㎡。
中三は郊外店との競争に加えて東日本大震災の影響で起きた中三盛岡店爆発事故後の2011年4月に一度経営破綻、日本百貨店協会から離脱しており、弘前駅東側にある郊外型百貨店「さくら野百貨店弘前店」に比べて品揃え面を含めても劣勢であった。
なお、中三弘前店は2019年7月開始のアニメ「可愛ければ変態でも好きになってくれますか?」の舞台となっている。

9フロアのうち3層をアウトレットモール化

中三弘前店のうち、アウトレットモール「マチナカラック」に転換するのは4階、5階、7階。モール内の出店テナントは約50店を見込む(テナントは下記参照)。
これらの階で展開されていた家庭用品、子供服などは百貨店として営業を続ける3階より下層階に縮小移転。この下層階にも新規テナントを導入する。
6階のジュンク堂書店、8階のスペースアストロ(ホール)についてはそのまま営業を継続する。

マチナカラック・イメージ(公式サイトより)。

アウトレットモールにはファッションを中心にアウトドア、スポーツなど県内初出店ブランドが多数出店する計画であり、注目される。

マチナカラック・イメージ(公式サイトより)。


中三、百貨店は「弘前店」のみに-活性化急務

中三は4月に青森本店を老朽化のために閉店(現在はギフトサロン出店、再開発ビル完成後、下層階に縮小・再出店予定)しており、現在は弘前店が唯一の大型店となっている。そのため、同店の活性化は急務であるといえる。

旧・中三青森店。

地方都市中心部へのアウトレットモール進出は全国的に見ても非常に珍しく、新しい地方百貨店の広域集客モデルとなるかが注目される。

マチナカラックの主な出店テナント(一部)
  • HUMAN WOMAN
  • UGG
  • BOSCH
  • MOUSSY
  • SLY
  • JILL STUART
  • John masters organics
  • NATURAL BEAUTY
  • RODEO CROWNS
  • nano・universe

そのほか、全約50テナントを予定。

館内構成(概要)
スペースアストロ(ホール)
アウトレット「マチナカラック」
ジュンク堂書店・丸善
アウトレット「マチナカラック」
アウトレット「マチナカラック」
婦人服・呉服
婦人服・紳士服・制服・家庭雑貨・タオル・寝具
化粧品・婦人服・婦人雑貨・案内所・カプリチョーザ
食品・フードコート

 

中三弘前店 マチカララック

住所:弘前市土手町49-1
営業時間:10時~19時(予定)
:地階・1階は20時まで営業

関連記事:中三青森本店、2019年4月30日閉店-再開発ビル下層階に再出店を検討
関連記事:紀伊國屋書店弘前店、2019年5月6日閉店-東北初の紀伊國屋、35年の歴史に幕
関連記事:トキハ別府店、2019年9月に全館リニューアル-「攻め」の経営で新時代の地方百貨店像描く

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加