イオン浪江店、2019年7月14日開店-役場前の衣料スーパー跡に

福島県浪江町の浪江町役場前にイオンリテール運営のスーパー「イオン浪江店」が2019年7月14日に開店する。

イオン浪江店。

浪江町の支援を受け出店

イオン浪江店が出店するのは2011年に閉店した衣料品スーパー「フレンドショップかねこ」の跡。浪江町の誘致によるもので、元の建物への居抜き出店となる。
イオンリテールは2019年2月19日に「浪江町における商業環境整備に関する覚書」を浪江町と調印しており、浪江町は同社に対して5年間の家賃減免・補助などを行う。
浪江町は東日本大震災の影響により多くの店舗が閉店・もしくは移転しており、買い物できる場所が少なくなっていた。町によると、イオン以外にも出店の打診をおこなったものの断られた経緯があるという。
イオンは朝6時から夜20時までの長時間営業をおこなう予定で、復興への後押しになるものとして期待される。


衣料品は「端末で注文」

イオン浪江店の建物は平屋で売場面積は約881㎡(+イートインスペース)。キャッチフレーズは「浪江町の皆さまと共に歩み、集い、新たな活力と笑顔があふれる店」。
取り扱い品目は食品、日用品、薬のみで、面積が狭いため衣料品売場は設けられないが、館内の注文用タブレット端末を設置することで寝具や収納用品、ベビー用品などを店舗や自宅などで受け取ることができるようにするという。
また、イートインスペース「ここdeデリ」を設置。食べて帰るスタイルの提案もおこなうとしている。
(画像は公式サイトより)

イオン浪江店

住所: 福島県双葉郡浪江町大字幾世橋字大添60番地1
営業時間:6:00~20:00(日曜日・祝日は9時開店)

関連記事:イオンモールいわき小名浜、2018年6月15日開業-津波被災地発の「防災モール」
関連記事:ヨークベニマル小名浜リスポ店、2018年7月27日開店-タウンモールリスポ跡地、小名浜で愛された“先代”の名を継ぐ
関連記事:いわきFCパーク、2017年7月15日全面開業-ジャイキリ話題の“7部チーム”、国内初「クラブハウス+商業施設」
関連記事:イトーヨーカドー平店、2020年までに閉店へ-老朽化で、所有者は建替え目指す

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加