東急ストア武蔵小杉店、2019年4月26日開店-東急ストア1号店、約1年3ヶ月ぶり復活

東急東横線武蔵小杉駅の「武蔵小杉東急スクエア・ステーションマーケット」 に、食品スーパー「東急ストア武蔵小杉店」が2019年4月26日に開店する。

武蔵小杉駅と東急スクエア。

東急ストア1号店、約1年2ヶ月の休業を経て復活

東急ストア武蔵小杉店は1956年11月に東急ストアの前身「東横興業」の食品スーパー1号店「武蔵小杉東興店」として武蔵小杉駅北口に開店。1957年6月に総合スーパー業態となり、同年9月には「武蔵小杉東光ストア」へと改称、1975年3月に現在の屋号となったが、駅前再開発と高架化に伴い1986年8月をもって閉店していた。

東興ストア武蔵小杉店。

その後、2000年10月には「武蔵小杉東急ストア」として駅南口に再開店するも、高架橋補強工事に伴い2018年2月をもって再び閉店となっていた。


セミセルフレジや営業時間拡大で利便性向上

東急ストア武蔵小杉店新店舗の売場面積は683㎡。
内装コンセプトに「ヴィンテージ&ナチュラル」を掲げ、インストアベーカリーを導入、セミセルフレジ(4台)の設置や武蔵小杉エリア最長となる営業時間(7時~25時)での営業を行うなど、「お客さまにとっての地域一番店」を目指すとしている。
同店では、オープンを記念してオリジナルカップ麺を発売する。

東急ストア武蔵小杉店。

武蔵小杉駅周辺は以前より「スーパー激戦区」となっているが、東急ストア1号店として、そして駅直結のスーパーとして長年にわたって人気を集めて来た同店の復活は、近隣住民にとって待望の知らせとなろう。
(写真はニュースリリースより)

東急ストア武蔵小杉店

住所: 神奈川県川崎市中原区小杉町3丁目472番地 武蔵小杉東急スクエア ステーションマーケット
営業時間:7時~25時

関連記事:武蔵小杉東急ストア、2018年2月28日閉店-東急ストア1号店、耐震工事で
関連記事:西武・そごう武蔵小杉、2017年8月31日閉店-グランツリー武蔵小杉の2階核店舗
関連記事:川崎ルフロン、大規模リニューアルへ-2019年4月27日Ⅰ期開業、目玉は2020年開業「水族館」
関連記事:JR東日本、川崎駅西口の大型再開発着工-2021年の全面完成めざす
関連記事:川崎ゼロゲート、2019年秋開業-パルコ、さいか屋跡に小型店

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加