イオンスタイル幕張ベイパーク、2019年4月13日開店-「幕張ベイパーク」街びらき

千葉県美浜区のJR京葉線海浜幕張駅と検見川浜駅の中間に位置する「幕張ベイパーク」に、大型スーパー「イオンスタイル幕張ベイパーク」が2019年4月13日に開店した。

イオンスタイル幕張ベイパーク・イオンスタイル棟。

海浜幕張駅北東の商業核として出店

イオンスタイル幕張ベイパークの建物は平屋建4棟、直営売場面積は約2,400㎡、専門店売場面積は約2,025㎡。イオンとしては美浜区5店目の店舗となる。

イオンスタイル幕張ベイパーク。複数棟で展開。

同店は「イオンスタイル幕張若葉(仮称)」「Makuhari Life Street(仮称)」として建設が進められていたもので、「ビレッジ」と称する建物にスーパー、飲食店、雑貨店などが出店する。
ビレッジ1には、食品スーパー「イオンスタイル」が出店。同店の取扱品目は食料品、ドラッグ、日用消耗品、文具、ガーデニング・グリナリーのみ、衣料品は取扱わない。

店舗イメージ。

イオン直営の輸入食品専門店「カフェランテ」では、同店初となる「厳選豆」「自家焙煎」「本格抽出」をコンセプトとしたカフェが併設される。また、イオン直営のグローサラント型業態「ここdeデリ」では、イオン自社牧場で肥育されたタスマニアビーフを取扱うステーキ専門店「ガブリングステーキ」、パスタ・ピッツァ専門店「ペルグラーノ」、約20種類のサンドウィッチを提供するサンドウィッチ・パン専門店「デリサンド」、和洋中約30種類の惣菜を対面方式で販売する惣菜専門店「リワードキッチン」が出店。約100席の座席では、イオン食品売場で購入した食料品のイートインも可能となっている。

イオン初の専門店も

ビレッジ2~4には、カフェ併設の大型雑貨店「MALAIKA BAZAAR」(マライカバザール)、フランスパン専門店「MAISON KAYSER」のカフェ業態「& COFFEE MAISON KAYSER」(アンドコーヒーメゾンカイザー)、回転寿司チェーン「すし銚子丸 雅」、イタリアンレストラン「アンジェリカ」といったイオン初のブランドが多数出店、100円ショップ「ダイソー」も出店する。
また、同店の開店に合わせて、京成グループの千葉海浜交通が運行する「イオンお客さま専用無料店舗循環バス」の停留所が4月15日から新設される。バスは「イオン本社」、「イオンスタイル幕張新都心」、「イオン幕張店」(旧カルフール幕張)、「イオンスタイル検見川浜」(旧イズミヤ検見川浜店)、「イオンマリンピア店」を循環しており、買物の利便性向上が期待される。

イオンスタイル幕張新都心。


「首都圏最大級の街づくり」2029年完成予定

イオンスタイル幕張ベイパークが立地する海浜幕張駅北東の街区「幕張ベイパーク」は、幕張新都心若葉住宅地区・文教地区未利用地マスタープランの一環として、三井不動産レジデンシャル、野村不動産、三菱地所レジデンスなど7社により開発が進められた大規模都市開発プロジェクトで、イオン開店と同日の2019年4月13日に街開きが実施された。

開発計画地。

街区の完成予定は2029年、開発面積は175,809㎡。もともとこの地には大学施設の進出が計画されていたが、住宅開発主体へと転換された経緯がある。

幕張ベイパークの立地図(公式サイトより)。

首都圏最大級の街づくりプロジェクト」「首都圏最大級のミクストユースの街づくり 」を称し、タワーマンション「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」(地上37階建)を核に「全米一住みたい街」とされる米国オレゴン州ポートランドをモデルとした、未来志向の新しい豊かさの実現、暮らし方の提案・応援をする約1万人が居住可能な「ライフ・イノベーション・タウン」を目指す。

幕張ベイパークのイメージ(公式サイトより)。

街区ではポートランドに本拠地を置く設計事務所「ZGFアーキテクツ」をコンサルタントとして招聘し、建築家「光井純氏」による「デザインガイドライン」が制定、コミュニティ形成を促す街づくりが行われる。また、国家戦略特区として「ドローン宅配」や「自動運転モビリティ運行サービス」の実証実験も検討されるという。

敷地イメージ(公式サイトより)。
(撮影:Ken97005さん

イオンスタイル幕張ベイパーク

住所:千葉県千葉市美浜区若葉3-2-16
営業時間:午前9時〜午後10時

関連記事:イオン千葉長沼店、2019年2月閉店-ワンズモールの核、旧ダイエー
関連記事:「ZOZOTOWN」運営のスタートトゥデイ、社名を「ZOZO」に

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【平成最後の新生活応援キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加