JR新潟駅、4月15日より新幹線・在来線同一ホーム対面乗り換え開始-在来線高架化で

JR新潟駅の在来線の一部ホームが4月15日から高架化されるのに伴い、同日より上越新幹線「とき」と特急「いなほ」の「同一ホーム対面乗り換え」が実現する。
高架化工事が進む新潟駅。

国内3例目の「新在同一ホーム対面乗り換え」

4月15日に高架化されるのは羽越本線の列車などが発着する在来線2〜5番線。
高架化に伴い在来線5番線と新幹線11番線の間に「新幹線・在来線同一ホーム」が新設され、上越新幹線「とき」と羽越本線の特急「いなほ」などの列車が対面で乗り換え可能となる。
新幹線と在来線の同一ホームによる接続は、九州新幹線新八代駅(2011年まで)、北海道新幹線新函館北斗駅の2例があるが、いずれも整備新幹線路線の一部区間暫定開通に伴う接続の利便性を測ったものであり、新潟駅のような事例は日本初である。
対面乗り換えのイメージ。(新潟市公式サイトより)

なお、2021年度には在来線1番線が高架化され、現在の地平1・8・9番線は撤去される。

ヘテムル

刷新進む新潟駅-駅舎建て替え、広場整備も

新潟駅では、在来線高架化工事に合わせて駅周辺の整備も行われる。
2022年度には高架下の交通広場が整備予定で、現在は新潟駅万代口を発着する新潟交通BRT「萬代橋ライン」などバス路線の乗り換えがしやすくなる。
また、2023年度頃には現駅舎の建て替えや万代広場の拡張が完了予定で、万代口ではペデストリアンデッキの新設も構想されているという。
新潟駅万代口に掲げられた新広場のイメージ。

外部リンク:新幹線と在来線の同一ホーム乗り換え 2018年4月15日開業(新潟市公式サイト)
関連記事:JR東日本、東北・新潟地区に新型気動車導入へ-キハ40系など置換えか
関連記事:ラフォーレ原宿・新潟跡(NEXT21)、区役所に-大和跡も公共施設を核に検討

ヘテムル

【PR】アンケートに答えて商品券を当てよう!
【2018サマーキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加