“新”東京都立多摩図書館、2017年1月29日移転開館-国内最大の「公立雑誌図書館」、西国分寺に

立川市錦町の「東京都立多摩図書館」が1月29日に国分寺市泉町に移転開館する。
img_0609
新・都立多摩図書館。

公立最大規模の雑誌所蔵数誇る図書館、移転・増床に

現在の都立多摩図書館は1987年に八王子、立川、青梅の都立図書館3館を統合したうえで立川市に開館。
日本の公立図書館としては最大規模となる約17,000タイトルの雑誌を所蔵し、そのうち534タイトルの雑誌を直接閲覧出来るサービス「東京マガジンバンク」が好評を博した。
しかし、建物の老朽化や収蔵能力の拡大のため、国分寺市西国分寺駅付近の都有地への移転が決定し、2016年12月19日をもって立川での開館を終了していた。
都立多摩図書館紹介下版
図書館は西国分寺駅付近に移転する。

直接閲覧可能な雑誌は大幅増、こども向け資料も充実

国分寺市に移転開館する新たな都立多摩図書館では、全体の所蔵容量は従来の103万冊から285万冊に、開架冊数も3万8千冊から10万1千冊へと増加。

さらに、目玉の「東京マガジンバンク」で直接閲覧可能な雑誌は534タイトルから計6,000タイトルへと大幅に拡大。書庫には週刊誌から学術誌まで幅広いジャンルの雑誌約6,600タイトルを集めた「創刊号コレクション」を設けるなど、日本一充実した雑誌専門サービスを展開する。img_1505閲覧可能タイトルが大幅に拡大する東京マガジンバンク。

また、児童書や中高生向けの本、子供の読書等に関する研究書などを約22万冊所蔵する「児童・青少年資料サービス」も展開。閲覧室では児童書の最新1年分約4,500冊を直接閲覧出来る選書コーナーも設置する。img_1506児童書・青少年資料サービスの閲覧室では厳選の4,500冊を直接閲覧出来る。

なお、都立図書館では他館も含めて基本的に個人への資料貸出は行っておらず、閲覧のみとなるため注意が必要である。
※地図、内装画像は都立図書館公式サイトより

ニュースリリース:「都立多摩図書館国分寺市に移転OPEN!」(東京都教育委員会公式サイト)
外部リンク:新多摩図書館のへや(都立図書館公式サイト)
関連記事:セレオ国分寺、11月25日リニューアル-国分寺初の成城石井が出店
関連記事:イオンモールつがる柏に「つがる市立図書館」開館-ショッピングでの相乗効果狙う
関連記事:多賀城駅前に市立”ツタヤ図書館”-真価問われるツタヤ図書館事業

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加