エキータ前橋、新たな核店舗に「パチンコ店」など12月出店-旧イトーヨーカドー、前橋駅前唯一の大型店

JR前橋駅前の大型ショッピングセンター「エキータ」に、群馬地場のパチンコチェーン「Dステーション」などが12月末をめどに出店予定であることがわかった。

エキータ前橋。

旧ヨーカドー、「セーブオン」が実質核の大型店

エキータはイトーヨーカドー前橋店(1987年開業、2010年閉店)跡に開業した複合施設。
建物は地下1階、地上6階建てで、売場面積は8,541㎡。施設所有者は大阪の不動産会社「ジャパンエステート」。
ヨーカドーの閉店後は地場百貨店の「スズラン」と地場スーパーの「フレッセイ」が出店予定だったが、採算面から計画は白紙に。その後は商業施設コンサル会社「やまき」の手によりテナント誘致などが進められ、2012年11月に「エキータ」として営業を再開した。出店が白紙となったスズラン百貨店。(写真は前橋店)

現在、エキータにはカラオケ「まねきねこ」やアミューズメント「ラクーン」などのテナントが地下1階〜地上3階に入居し、上層階はオフィスとして利用されている。8月末には地下1階の「食の駅」が閉店したため、以後は1階のコンビニ「セーブオン」が実質的な核店舗として機能している。

実質的な核店舗のセーブオン。
間もなく経営統合で「ローソン」へと生まれ変わる可能性が高い。

核店舗は「パチンコ店」に-「県都」駅前の意地見せれるか

地元紙・上毛新聞が報じたエキータの改装計画によると、群馬県内でパチンコチェーンを運営するネクサス(高崎市)が食の駅撤退後の地下1階にパチンコ店「Dステーション」を、1階に飲食店「モーメント」を12月末をめどに出店するとともに、2018年春には同1階にスポーツジム「スポレッシュ」を開業する計画があるという。改装中の1階には飲食店やスポーツジムが出店予定。

隣接する高崎市のJR高崎駅エリアが、北関東最大級のファッションビル「高崎オーパ」の開業や駅ビル「モントレー」の改装などに沸いているだけに、「県都」の玄関口である前橋駅前もエキータの新装で意地を見せたいところだが、果たして…。

外部リンク:公式サイトは消滅中
関連記事:高崎オーパ、10月13日開業-北関東最大級のファッションビル、タワレコも復活
関連記事:セーブオン、2018年中に全店舗をローソンに転換-屋号消滅へ

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加