新歌舞伎座/ホテルロイヤルクラシック大阪


難波のランドマークであった新歌舞伎座。
老朽化のため移転、2015年に解体された。


村野藤吾が手掛けた唐破風屋根が連続する特徴的な外観は跡地に建設された「ホテルロイヤルクラシック大阪」に引き継がれた。
ホテルの設計は建築家の隈研吾氏。同氏は東京歌舞伎座の高層化・復元工事にも携わっている。

住所 大阪府大阪市中央区難波4-3-25
建築年 1958年/2015年解体/2019年一部復元
設計・施工 村野藤吾
竣工時の用途 大阪市中央公会堂
そのほか ホテルに建て替え・一部復元

 

「大阪市中心部の近代建築をめぐる」表紙に戻る

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【夏クルー!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加