TOHOシネマズ立川、2020年9月10日開業-ららぽーと立川立飛そばに

東京都立川市の多摩モノレール立飛駅前に、阪急阪神東宝グループのシネマコンプレックス「TOHOシネマズ立川(仮称)」が2020年9月10日に開業する。
TOHOシネマズ立川(仮称)。

立川初となる大手興行会社系シネコン、立飛駅前に

TOHOシネマズ立川(仮称)の建物は地上2階建、スクリーン数は9、座席数は約1,600席。TOHOシネマズブランドの映画館は立川市初となる。
2019年春より三井不動産系ショッピングセンター「ららぽーと立川立飛」正面入口付近の平面駐車場跡地で建設中の「立川泉町計画」の核店舗として出店するもので、ハリウッド作品や邦画・アニメ作品・単館系アート作品に加え、コンサートや演劇・スポーツのライブビューイング(生中継)など、非映画コンテンツの上映にも積極的に取組むという。
また、TOHOシネマズ隣接地にはスポーツ交流施設やクラブハウスも整備される予定となっている。

立川泉町計画。

個性的な映画館が集まる立川で支持獲得なるか

TOHOシネマズが進出する立川市内には、極上爆音上映(通称:極爆)を始めとする音響設備に定評がある独立系シネコン「シネマシティ」や木下グループ系で2019年6月に開業したばかりの単館系映画館「kino cinéma立川髙島屋S.C.館」など、特色ある映画館が既に営業している。
TOHOシネマズ立川(仮称)は、大型駐車場併設の商業施設と多摩モノレールの駅に隣接するなど、公共交通、自動車交通ともに好条件にあり、既存の映画館が営業する立川駅前と1~2kmほどしか離れてないため、競合関係となる。

立川泉町計画/TOHOシネマズ立川(仮称)

住所:東京都立川市泉町935番1外

関連記事:イイノ立川、2020年1月18日全館開業-立川マルイ・モディ・ロフト跡、新たな商業施設に
関連記事:立川ロフト、2019年5月26日閉店-「立川ルミネロフト」は4月5日に増床
関連記事:ドン・キホーテららぽーと立川立飛店、2018年10月20日開店-ドンキのモール向け新業態
関連記事:立川高島屋、2018年10月11日から「立川高島屋S.C.」に-専門店との融合進める高島屋

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【夏クルー!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加