パトリア七尾、2019年3月3日に閉館へ-運営会社の破綻で

石川県七尾市の七尾駅前に位置するショッピングセンター「パトリア七尾」が、2019年3月3日に閉店する方針であることが都商研の取材で分かった。
追記:多くのテナントは撤退するが、カジマートは3日以降も当面営業を継続する。
追記:大和百貨店ギフトサロンは隣接ビルに移転
追記:ミスタードーナツは当面営業
追記:3月10日、カジマート閉店

追記:3月11日、エスカレータ停止(2階は3店が営業)
パトリア-
パトリア七尾。

七尾市を代表する大型店だったが

パトリア七尾は1995年開店。建物は地上7階建、売場面積は15,079㎡。第三セクターで大和、ユニーなども出資する七尾都市開発が運営する。
開業当初は1~3階に百貨店「大和」と総合スーパー「ユニー」が出店、4~5階にはイベントホールが整備されるなど、七尾市を代表する複合商業施設として営業していたが、2010年に大和が1階に店舗を集約、2017年2月に「ピアゴ」(旧ユニー)が撤退するなど一時存続が危ぶまれることとなった。
連絡通路-1-
奥に見えるのが七尾駅。駅前に立地する。
左は2006年に開業した「ミナクル」でコンビニや図書館が入居。


2017年4月には1階に北陸地盤の高品質食品スーパー「カジマート」と同社がFCとして運営する書店「うつのみや」が1階に出店、同年6月には「ホームセンターロッキー」が2階に出店するなど、低層階では早期の後継店舗誘致に成功した一方で、3階はサービス系1店舗を除きほぼ全てが空きフロアという状況が続いている。

建物は3月3日をもって全館閉鎖、一部では存続の動きも

今回のパトリア七尾閉店は開業以来、管理運営業務を行っていた「七尾都市開発」が2月15日をもって破産の申し立てをおこなうことを決定したことが理由だという。
経営破綻がウェブサイトで告知されたことを受けて都商研がおこなった取材に対し、ある核テナント企業は「パトリアが3月3日に閉鎖するため閉店せざるを得なくなった、申し訳ない。」と述べ、3月3日に閉館する方針であることが分かった。
その一方で、パトリア管理組合が七尾都市開発から商業フロアの管理・運営を引き継ぎ運営を継続する動きもみられるなど、先行き不透明な状況となっている。

関連記事:ユニー・ピアゴ七尾店、2016年度末までに撤退へ-パトリア七尾の核店舗
関連記事:香林坊東急スクエア、2016年4月28日開業
関連記事:「イオンモール新小松」2015年12月着工-2017年3月開業めざす

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加