【PR】アートイベント「Remember HOPE Art Week」、12月3日から開催-隈研吾氏や一本松アートカーも登場

東京都渋谷区宇田川町の日本アムウェイ本社1階で、東北の復興支援を目的としたアートイベント「Remember HOPE Art Week」が12月3日から10日まで開催される。
一本松アートカー

開催初日には記念式典も開催、隈研吾氏も登場

Remember HOPE Art Weekは、日本経済団体連合会(経団連)「東北復興応援フェスタ 2018」の一環として、日本アムウェイによる主催、メルセデス・ベンツ日本、隈研吾建築都市設計事務所、minä perhonen(ミナ・ペルホネン)による後援のもと実施される。
テーマに「アートを通じて、東北に希望を」を掲げ、写真家・pm cook氏による「隈研吾氏建築作品写真展」や皆川明氏による「奇跡の一本松」モチーフの「メルセデス・ベンツ アートカー」、一本松チャリティフォトコンテスト入賞作品が展示される。
一本松チャリティフォトコンテスト

12月3日に開催されたオープニングセレモニーでは、日本アムウェイ社長のピーター・ストライダム氏、世界的建築家として知られる隈研吾氏、minä perhonen(ミナ・ペルホネン)を手掛ける皆川明氏によるスピーチやフォトコンテストの表彰式、Remember HOPEアンバサダーを務める山﨑拓巳氏、利枝子氏による乾杯が執り行われた。
隈研吾氏

ピーター・ストライダム氏は、アートイベントの目的、地域交流施設「アムウェイハウス」の建設を始めとした復興支援活動を紹介し、式典参加者への御礼を述べ、「この一本松のスピリットを持ちまして、さらなるサポートを続けまたコミュニティの絆を高めていけるよう私達も引き続き頑張っていく所存です」と締め括った。
施設の設計を手掛けた隈研吾氏は「陸前高田のアムウェイハウスのプロジェクト、実はすっごく興奮しながら仕事をさせていただいています」と、陸前高田の「気仙大工」が持つ技術や学生時代からの夢を語り、「復興」「コミュニティ」をテーマにした2019年完成予定の新施設に期待を寄せた。

アートイベントは入場無料、来場者には「陸前高田の手作りクッキー」が配布される。

Remember HOPE Art Week

住所:東京都渋谷区宇田川町7-1 日本アムウェイ本社1階
展示時間:10時-19時

外部リンク:remember HOPE art week -Ipponmatsu PHOTO Contest-

ヘテムル

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【平成ラストWinterキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加