大銀ドーム(ビッグアイ)、「昭和電工ドーム」に-トリニータの本拠地、2019年3月から

大分県はJリーグ「大分トリニータ」の本拠地である「大分スポーツ公園総合競技場」(ビッグアイ、大銀ドーム)の新たなネーミングライツスポンサーが昭和電工(東京都)に決め、新名称を「昭和電工ドーム大分」とすることを10月10日に発表した。

大分スポーツ公園総合競技場(公式サイトより)。

ジョイフルとの争いを制した昭和電工

大分スポーツ公園総合競技場は2001年3月に開場。「ビッグアイ」の愛称がある。2002年にはサッカーワールドカップの開場となったほか「a-nation」など大型コンサートの会場として使用されたこともある。現在の収容人数は4万人。
2006年3月からはネーミングライツにより「九州石油ドーム」(契約額は年額7,350万円(税込))となっていたが、同社の経営統合により、2010年3月から「大銀ドーム」(同・年額4,200万円→2013年から4000万円(税込))となっていた。
ネーミングライツスポンサーにはファミリーレストラン「ジョイフル」(大分市)も応募していたという。
昭和電工は1969年から大分市で「大分石油化学コンビナート」を運営している。同社との契約金額は年5000万円(税別)。契約期間は2019年3月から5年間となる。

外部リンク:大分スポーツ公園
関連記事:大分オーパ、2019年春開店-「全館食品」に落胆の声も
関連記事:いわきFCパーク、7月15日全面開業-ジャイキリ話題の“7部チーム”、国内初「クラブハウス+商業施設」

ヘテムル

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【平成ラストWinterキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加