資さんうどん、3月に投資ファンドが買収-全国展開へ

九州の人気うどんチェーン「資さんうどん」(本社:北九州市小倉南区)が、3月30日付けで大手投資ファンドの傘下となった。

資さんうどん。

北九州のソウルフード、全国へ-投資ファンドが買収で

資さんうどんは1976年に創業。1980年に現在の「株式会社資さん」を創立し、チェーン展開を開始した。
現在は、福岡県と山口県下関市にチェーン展開しており(かつては大分県でもFC出店していた)、「もつ鍋うどん」や「焼きうどん」などのご当地メニューも販売していることが特徴。
また、サイドメニューである「おでん」や「ぼたもち」(おはぎ)なども人気となっている。

長い「ごぼ天」が特徴的だ。

地元紙・西日本新聞の報道によると、資さんうどんは後継者問題から福岡銀行などが出資する投資ファンドの傘下となっていた。その後、2018年3月30日に「ユニゾン・キャピタル」(本社:千代田区)が全株式を取得。同社が全国、もしくは海外展開に乗り出すとみられる。
詳しい店舗展開計画などについては、4月10日時点では発表されていない。ユニゾン社は、カネボウグループ(現・クラシエHD)やスシロー、東ハト、アスキーなどの経営再建・経営規模拡大に関わったことでも知られる大手ファンドで、それらの企業と同様に、これまでのノウハウとネットワークを活かして経営規模を拡大するという。飲食店としては、スシローがユニゾン社の手で海外進出を実現している。

「九州流」のうどん、全国区となるか?

九州のうどんチェーンとしては、資さんと同じく「ごぼ天うどん」「もつ鍋うどん」「おでん」などの販売をウリとする「ウエスト」(本社:福岡市博多区)が首都圏でも店舗展開しているが、一部地域のみ(千葉県内8店と町田市1店)に留まっている。
今後「資さんうどん」の全国展開が成功するとなれば、「ごぼ天」「丸天」「かしわ飯おにぎり」など「九州のうどん店」ならではのご当地メニューが全国区となる日も来るかも知れない。

ニュースリリース:株式会社資さんの株式取得に関するお知らせ(ユニゾン・キャピタル)
外部リンク:資さんうどん
西日本新聞:「資さんうどん」全国展開へ 投資ファンドが買収(一定期間の経過後、リンク切れとなることがあります)
関連記事:ラオックス、リバーウォーク北九州に旗艦店-約1万㎡「購入」、2月開業めざす
関連記事:サンリブきふね、4月21日開業-旧・小倉記念病院跡
関連記事:エブリボウル広尾店、2月21日開店-リンガーハット新業態の1号店

「グーペ」

【PR】アンケートに答えて商品券を当てよう!
【春の新生活応援キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加