「さんすて岡山西館」1月閉館-駅ビル全面リニューアルで

岡山駅ビル「サンステーションテラス岡山(さんすて)」と地下街「岡山一番街」が全面改装を行うことになり、西口駅ビル「さんすて岡山西館」は1月11日を以て一旦閉館する。
okastass
JR岡山駅。 

岡山駅ビルはJR西日本の子会社「山陽SC開発」の運営で、山陽新幹線が開通した1972年に第一期開館。
現在の駅商業施設は、2006~2007年の橋上駅舎化により開業した
さんすて南館・北館」と、2012年に建設された岡山駅西口ビル(ホテルヴィアン)下層階の「さんすて西館」、そして1974年に開業した地下街「岡山一番街」からなる。
「さんすて」の売場面積は約7,700㎡、「岡山一番街」の売場面積は約8,300㎡。
P1070142
地下街の岡山一番街。

「さんすて西館」僅か3年でファッションビル業態廃止

今回の改装は、主に「さんすて西館」と「岡山一番街」が中心。
JR岡山駅のそばに昨年開業したイオンモール岡山の影響を考慮したもので、店舗構成を変えるとともに、新たな店舗を誘致して集客力を高めたい考え。
現在ファッションビル業態となっている「さんすて西館」は2012年に開業したばかりだが、殆どのテナントが閉店し、改装後には大型テナントが中心となる。
okaaeons
岡山駅のそばに出店したイオンモール。

okasauns
さんすて岡山西館。

改装に伴い、さんすて西館の既存テナントは他館や地下街へと移転されるほか、「岡山一番街」は働く女性を主なターゲットにし、施設もリニューアルを行う。
各施設の全館リニューアルオープンは2016年春を予定している。

外部リンク:岡山一番街・さんすて岡山

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【春・新生活わくわくキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル