戸田書店静岡本店、2020年7月26日閉店-静岡最大の書店、葵タワーの核店舗

静岡県静岡市のJR静岡駅前にある複合施設「葵タワー」の核店舗である「戸田書店静岡本店」が、2020年7月26日に閉店する。

戸田書店静岡本店(公式FBより)。

丸善ジュンク堂と提携、店舗整理すすめていた

戸田書店は1923年に静岡県清水町(現・清水区)で創業。永年静岡県を中心に展開していたが、1980年代からは本州各地への展開を開始、その後も鍋倉修六社長の出身地である宮崎県、そして沖縄県など遠隔地にも出店し、2000年代中盤には全国約70店舗・売上高130億円へと成長した。
しかし、2010年代からはネット通販の台頭などにより経営規模を縮小。2016年8月には大手書店グループ「丸善ジュンク堂書店」と業務提携を締結し、書籍の仕入調達や一部のシステムを丸善ジュンク堂系に移行した。
2020年に入るとさらなる事業整理を進め、1月には沖縄県最大の郊外型書店だった「豊見城店」を閉店、2月には自社ポイントサービスを廃止、3月には丸善ジュンク堂書店に「富士店」「富士川店」「長岡店」「桐生店」「三川店」4店の運営を移管。2020年5月現在の店舗数は18店舗、売上高は約60億円ほどとなっている。(丸善ジュンク堂運営の5店舗除く)

戸田書店本店閉店、ジュンク堂との競合も影響か

戸田書店静岡本店は2002年12月に総合スーパー「長崎屋静岡店」(同年2月閉店)跡に開店。建物は地上5階地下1階建、営業フロアは地上4階~地下1階、売場面積は約2,975㎡で、県内随一の大型複合書店として50万冊超の在庫を取揃えていたが「静岡駅前紺屋町地区第一種市街地再開発事業」の一環により2007年1月をもって閉店、同年2月に「戸田書店呉服町店」として移転した。
現在の戸田書店静岡本店は、再開発事業に伴い開業した葵タワー(地上25階地下2階建)の商業フロアの核店舗として2010年4月に開店。呉服町店は同店の出店に伴い閉店した。

葵タワー。

戸田書店静岡本店の営業フロアは地上2階~地下1階、店舗面積は4,478㎡。静岡県内一の規模の書店であり、3階の静岡市美術館などとともに静岡市の文化発信拠点として親しまれた。
閉店は近年のネット通販の台頭などの影響によるもの。また、葵タワーの徒歩圏の新静岡セノバには同社と提携する丸善ジュンク堂書店が運営する「MARUZEN & ジュンク堂書店 新静岡店」があり、競合関係にあったことも大きいであろう。
なお、同社が永年本店としていた清水区中心部にある清水本店についても2011年に閉店(現在は本社事務所として使用)しており、今後は清水区郊外にある江尻台店を新本店と位置づけるという。

葵タワー、後継店舗は未定

葵タワーの商業床では、戸田書店の閉店後も飲食街やセブン-イレブンなどはそのまま営業を続けるとみられる。
一方で、商業フロアの大部分を占める戸田書店の後継店舗などに関しては2020年6月現在まだ発表されていない。

関連記事:プラザアピア静岡、2020年5月28日建替リニューアル開業-マルハン旗艦店、ショッピングセンター併設に
関連記事:アネックス静岡伊勢丹、2020年2月16日閉店

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【夏クルー!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加