所沢ステーションビル、2月25日閉館-3月2日開業の新駅ビル「グランエミオ」拡張で解体へ

西武鉄道所沢駅ビル「所沢ステーションビル」が2月25日をもって閉館した。
建物は新駅ビル「グランエミオ所沢」(第2期)への建て替えのため解体される予定。
所沢ステーションビル。(写真右)

新駅ビル「グランエミオ」第2期工事のため解体へ

所沢ステーションビルは1989年11月開館。建物は5階建てで、運営は西武鉄道。
館内には「スターバックスコーヒー」、「ミスタードーナツ」、「芳林堂書店」、西武グループのレストラン「和食 ななかまど」と「中華料理 獅子」が出店し、所沢市役所の市民課サービスコーナーも入居していた。
所沢駅では大規模な再開発計画が進んでおり、3月2日には駅東口で新駅ビル「グランエミオ所沢」が第1期開業を迎えた。
所沢ステーションビルは駅南側〜駅西口を開発するグランエミオ第2期(2020年夏開業予定)工事の対象エリアで、近く解体される。
所沢駅の再開発計画。ステーションビルは第2期工事で解体へ。(西武鉄道公式サイトより)

グランエミオの第2期部分は2020年夏に開業する予定。
全館グランドオープン時の延床面積は約11万6000㎡、店舗面積は約1万8500㎡で、目標年商140億円を計画しているという。
グランエミオについてはこちらの記事を参照

ヘテムル

一部テナントは「グランエミオ」に移転

所沢ステーションビルに入居していた「スターバックスコーヒー」、「ミスタードーナツ」、「所沢市役所所沢駅サービスコーナー」は、3月2日開業の新駅ビル「グランエミオ所沢」(第1期)に移転した。
一部テナントはグランエミオ所沢に移転。

また、埼玉西武ライオンズのファンショップ「ライオンズストア」など、所沢駅構内に出店していたテナントもグランエミオに移転している。

外部リンク:所沢駅東口駅ビル計画 「グランエミオ所沢」第I期 本日3月2日(金)開業(西武鉄道公式サイト)
関連記事:グランエミオ所沢、2018年3月第Ⅰ期開業-新東口駅ビル、西武沿線の名店など約80店が先行出店
関連記事:KADOKAWA、東所沢に”ポップカルチャーの一大拠点”建設-2020年4月完成目指す
関連記事:西武百貨店所沢店、11月23日リニューアル-食品売場拡大、「ビール工房」新設

ヘテムル

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【平成ラストWinterキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加