那覇オーパ、2018年秋ごろ開業-撤退から5年で復活

イオン系(旧ダイエー系)のファッションビル「オーパ」(OPA)は、沖縄都市モノレール(ゆいレール)旭橋駅前の再開発ビル「カフーナ旭橋」に「那覇オーパ」を2018年秋に出店すると発表した。

那覇オーパ(ニュースリリースより)。

バスターミナルの再開発ビル、核店舗は「オーパ」

オーパが出店するのは、那覇バスターミナル(戦前は那覇駅)再開発事業「旭橋駅周辺地区第一種市街地再開発事業」の中核施設である「カフーナ旭橋A街区」の2~3階の大部分。総賃貸面積は約5,200㎡で「飾・食・磨・楽・輝」をテーマに約50店舗が出店する。

このほか、カフーナ旭橋A街区の1階は再び「那覇バスターミナル」となるほか、2階には観光支援施設、3~6階には県立図書館や就労支援センターなどの公共施設、7~11階はオフィスなどが入居する予定となっている。また、建物は連絡通路で旭橋駅と直結される。

カフーナ旭橋(公式サイトより)。

なお、カフーナ旭橋のうちB~E街区はすでに完成しており、那覇南部合同庁舎のほか沖縄ろうきん、リーガロイヤルホテル、東急REIホテルなどが進出している。

那覇オーパ、5年ぶり再出店に

「OPA」(オーパ)は旧ダイエー系、現在はイオン傘下のファッションビルで、「オーパ」とは1号店だった「新神戸 Oriental Park Avenue」の略。2016年3月にはイオン系ファッションビル「フォーラス」と、旧マイカル系ファッションビル・ファッション専門店「VIVRE」を運営するイオンリテールと経営統合をしていた。
もともと那覇オーパは国際通りに1996年に開店したものであったが、2013年に閉店。建物はドンキホーテ那覇国際通り店となっている。

旧・那覇オーパ。

ニュースリリース:2018年秋 オーパが那覇・旭橋に再登場「(仮称)那覇オーパ」新規出店決定!
外部リンク:カフーナ旭橋
関連記事:JR九州沖縄支店、3月31日閉鎖-ネットに押され利用減
関連記事:高崎オーパ、10月13日開業-北関東最大級のファッションビル、タワレコも復活
関連記事:水戸オーパ、3月18日開業-JR水戸駅前、ガルパンショップも出店

ヘテムル

【PR】アンケートに答えて商品券を当てよう!
【2018サマーキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加